波長の法則は、自分の内的な理解のために、活用するのがいい。

スピリチュアリズムの法則のひとつに、「波長の法則」と呼ばれるものがあります。

同じ要素をもつものが、お互いに引きあうしくみのことです。どう考えても、相手が悪くて、自分のせいではないと思えるようなことでも、広い意味でいえば、自分にも原因があったり、同じ要素を内包していることになるという、少々、耳の痛い法則です(もちろん、その逆もあてはまり、相手には原因がないように思えるこことも、何らかの同じ要素を内包しているから、ものごとが展開することになります)>

この法則に照らし合わせるならば、一方的に相手が悪いとなる、100%の被害者は、存在ないこととなります。相手が悪いと思うことも、(もちろん、相手も悪いのでしょうが)自分にも、要因はあることになります。

同様に、自分が100%の加害者になることもなく、相手にも、(たとえそうと思えない状況であっても)そうなる要因は何かしら存在するのでしょう。

しかしこれは、スピリチュアルな領域での関係性のことですから、現実的かつ物理的な責任の所在を問うとなれば、それはまた別の話ですから、そこはわけてとらえるようにしてください。

自分を省みるために、こうした法則を指針として活用するのはよいですが、現実的な出来事の解決方法にこの件をもちだしてしまっても、話や解釈がこじれてしまいます。

現実の解釈には、現実のものごとを判断する決まりや指針が存在しますから、バランスよく判断していくことが大切であり、それも学びのひとつだということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加