思考力が高い人の、「多すぎる思考を止める」ための工夫。

思考力が高い人は、いとも簡単に、思考が「できてしまう」ため、次々にいろんなことが思い浮かび、今考えなくてもいいことに意識が向いてしまいます。

行動は、意識して止めることができますが、思考は、無意識でも行われてしまうことが多いため、思考が多すぎることを「止める」のは、なかなか難しいものです。

中でも、「他人と会話する機会があまり多くなく、自分の頭の中だけで思考めぐらせることが多い、自己完結しているタイプ」は、思考が暴走してとまらなくなることがあります。

思考することも、エネルギーを使いますので疲弊します。思考が止まらない状態は、本人としてはとても大変で苦しいものなのです。

 得意なことは、過剰になりやすい。

自分にとって、慣れていて得意なことは、自然にできてしまうので、油断していると「やりすぎ」になることがありますね。

思考が得意で、思考をする時間が(切れ間なく)長い人は、その進みを滞らせるものがないですから勢いがつき過ぎてしまいます。

思考が得意といっても、日々の中でどうしても必要なものは、そうたくさんあるわけではないので、そのうち考えなくてもよいことを考えてしまう、重要ではないが思い浮かんでしまうから考えるというふうに、雑念に置き換わってしまうのです。

人と会話する機会が、ほどよい切り換えとなる。

誰でも、多少の雑念はあって、それによって気が散って集中できなくなることもあります。しかし、普段から他人と会話する機会をほどよく持っている人であれば、雑念が止まらなくなって困るという状態にまでなることは少ないです。

会話する際にも、もちろん思考はするでしょうけれども、自分の頭の中で内的な思考をめぐらせるのと、相手とやりとりをするための思考の仕方は違いますよね。相手にわかるように、相手のペースで、というものを考慮することが、適度なペースダウンになってくれるようです。

思考力が高いことは、素晴らしい性質のひとつですが、過剰になっては、自分のコンディションを下げてしまうことがあります。

思考力の高さは活かしつつも、それによって自分が消耗しないために、ある程度の人づきあいを心掛け、会話をすることでエネルギーを使っていくようにすると(過剰にならない程度の)適切な量のエネルギーが思考に向かい、バランスがとられることを助けます。

そうすると、思考だけ進みすぎて止まらなくなるようなことは、改善していくはずです。思考力の高さをよい形に使うためにも、必要なことに適切な力を向けるために、バランスをとっていくことと、自分を疲弊させないことが大事ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加