肯定的な意思表示と、否定的な意思表示が与える印象の違い。

意思表示をする際には、なるべく肯定的な表現をするように、意識してみてください。「○○をしてみたい」「○○になりたい」というように。そうすると、人間関係がとてもスムーズになったり、好印象を獲得できたりします。

具体的なたとえをだすなら、「副業をしてみたい」「あのお店で、買い物をしてみたい」というような、そのままで意図がわかりやすい言い方です。

ストレート過ぎて、幼稚に見えるのではないか、相手に求めすぎとおもわれるのではないかという心配もあるかもしれませんが、しかし、メリットもいくつもありますし、言い方に工夫していけばそうした心配も避けられます。

わかりやすさは、好印象になることが多い。

理由としては、話をする相手へスムーズな伝達になりますので、深読みも何もする必要がないですから、聞く側の負担を減らすことになります。また、誤解されることも少なくなるという自分の側のメリットもあります。

わかりやすさは、ほとんどの場合、好意的に受けとられますから、相手が自分に抱く印象もよいものとなりやすいです。

しかし、中には、以下のような点が心配になる方もいるかもしれませんね。

そうした肯定的な表現ばかりになると、ストレートすぎて、「思い込みの激しい勘違いした人」とか「主張が強すぎる付き合いにくい人」と、逆の意味で自分を誤解されるのではないかと。

その点が心配ならば、「言い方」をやわからくするという、工夫したらいいと思います。

たとえば「○○をしたい気持ちがある」とか、「○○を、いつかできたらいいと思っている」と、ソフトな言い方にすると、ワンクションがつくられます。

否定的な表現は、相手に負担を与えることも。

一方、否定的な表現は、相手の思考にひと手間を掛けさせることが多く、思わぬ負担を与えてしまうことがあります。

たとえば、比較の対象もなにもないところから、いきなり「××はしたくない」とか、AとBのどちらがいいかという場面で「(Aがいいと言わずに)Bではないほうがいい」という形の意思表示は、

では、それが嫌だというなら、あなたは何をしたいのですか?と、さらに先を、相手から自分に尋ねさせたり、相手に考えさせたりという、ひと手間を「かけてしまう」、「させてしまう」ことになります。

ストレートな要求にならないようにと遠慮する思いからの言動であっても、否定的な表現の印象というのは、不満や愚痴を言っているかのように聞こえてしまって、誤解されることもあります。

(今までそういう習慣のない)大人が、いまさら肯定的な表現ばかりをするのは、照れもありますし、恐れもあると思います。

けれど「あまりに否定的な表現」ばかりでは、自分の内面も周囲の人間関係も混乱することがありますので、「ほどよく肯定的な表現(しかし、やりすぎない)」を心掛けていくようにして、否定的な表現ばかりにならないようにしましょう。

そして、可能であれば、肯定的な表現と否定的な表現を使った際の、相手の反応をよく観察してみてください。肯定的な表現は、自分が気にするほどには悪くとられることはなく、遠慮したつもりの否定の表現が、相手を困惑させてしまっていることも、実はゼロではないことがわかるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加