必要な時期よりも早く、買いたくなるのは、予知的なセンスの高さのため。

「ある商品を買おうとしてお店にいくと、売り切れている」か、「その店舗では取り扱いがない」という状況にあいやすい人がいます。

別のパターンとして、「ほしいと思って買ってみたものの、使う機会が出てこないため他者に譲ったところ、しばらく経ってからそれが必要になる」という経験を、何度も何度も繰り返してしまう人がいます。

必要性を、早めに察知してしまう。

だいたい、同じ人には同じパターンが重ねられるようです。

「買いに行っても、買えない」ことが何度も起こるか、「買ったものの使わず、手放した後にそれが必要になる」ことが何度も起こる、というように。

こうした出来事は、どちらも「予知的なセンスが高い方」に起こりやすいです。

そのセンスの高さゆえに、実際よりも先取りしてエネルギーをキャッチして、買いたくなるのだけれども、タイミングが早すぎて「ズレ」がでてきてしまいます。

前者は「必要になるまで、買えない」という形になり、後者は「買ってから必要になるまでに、タイムラグがある」という形になります。

買おうとしてお店にいくと、売り切れているケース。

たとえば、カメラがほしいと思ってお店にいくと、なぜか定番商品のはずが品切れである、洋服を買おうとしてお店にいくと、お目当ての商品がない、ということを何度も繰り返す人は、

自分に「それ」が必要な時期よりも、早めに「ほしい」とか「必要だ」という気分になっていることが考えられます。

スピリチュアルの観点からすると、すべての出来事は意味のある必然です。品物とのご縁も同様です。その時点では、まだ「それ」は必要性が高くないので、タイミングが整わず、購入できる状況もつくられないのです。

(このパターンの人は、「ほしいときに品切れだったが、それからしばらく経つと、新商品がでていて、よりいいものが見つかった」とか、「時間が少し経ったのちに、当初の予定よりも安い価格で買えた」ということが、起こりやすい人でもあります。ちゃんとタイミングが計られているのですね)

買ったものの使わず、手放した後に必要になるケース。

ほしくて買ったのに、手に入れてみると、自分にはあわないとか、不必要だとわかって、「せっかくなので、使ってくれる人に」と、譲ってしばらく経ってから、それが自分に必要になってくるという経験を何度も繰り返す人も、

同様に、自分に「それ」が必要な時期よりも、早めに「ほしい」とか「必要だ」という気分になっていることが考えられます。

ひとつめのケースでは、タイミングが整うまで買えないのですが、こちらのケースは、買えてしまいます。時期はともかく、自分にそれが必要であるので、手に入ってしまいます。

しかし、必要になるのはずっと先ですから、自分的には「買ったけれども、使う機会がなさそうだ」と判断して譲ってしまい、・・・後になって「そのとき」になってみると、もう手元になく、買うのも早すぎ、要らないという判断もまた早すぎて笑、タイミングがずれてしまいます。

それぞれの性質の差や、学びの要素との兼ね合い。

ほしいときに買えなくて待たされるのと、ほしいときに買えるけれども譲ってしまうのと、どちらが「いい」のかは、微妙ですよね。

どちらも、タイミングが早すぎという共通点はあるけれども、その後の展開の仕方に違いがあるのは、その人の性質によるものだったり、与えられている学びの要素との兼ね合いだったり、または経験することになっているカルマによるものだったり、いろいろなのでしょう。

両方がどちらも起こる人はあまりいなくて、「自分には、こちらのパターン」というのがだいたいひとつに決まっているものですから、自分が遭遇しやすいほうを意識しておくといいと思います。

前者の「売っていない」パターンになりやすい方は、「売っていない(ので買えなかった)ことに意味があると理解して、こだわらないこと」です。必要なタイミングになったら買えるのだからと、切り換えましょう。まだ早かったから、それを買うことが不要だったんだなと考えればいいです。

後者の「早く買いすぎて、必要性に気づかない」パターンになりやすい方は、買うとき「これ、本当に使うの?」と自分に問い直すことですね。そうすると、これに該当するものは、なんとなくほしいだけで現時点での必要性はそれほど高くないと気づいて、買わずに待つという判断ができます。

このとき、「不要だと思っても、譲らずにとっておく」という方法をとるとどうなるかというと、手に入れてみると不要だと判断したくらいですので、思い入れが薄くなって、実際に必要となる「そのとき」がきたらもう、持っていることを忘れて、重ねて買ってしまうケースが少なくないようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存