新しい人間関係は、新しい自分を引き出してくれます。

人間関係は、自分が成長していくために必要な、気づきが得られる学びの機会です。

個性の違う人同士の関わりの中で、相手と自分との違いに気づいたり、自分にも存在している性質を、相手の中に見いだすことで、自分を知ることにもなります。

新しい関わりが、新しい気づきになる。

この世のすべては変化していきますから、人間関係も同様に変化があり、新しい誰かとの関わりが(小さいものも含めて)、必要に応じて展開していくようになっています。

新しい関わりが自分に与えてくれること、気づかせてくれることは、「これまでと違う、自分の一面」です。

人は多面体の複雑な存在ですが、普段の生活では、そのうちの必要な部分のみを活用しているものです。

新しい人間関係によって、新しい刺激が与えられると、それまでにはあまり活用されていない(が、内包している)性質が、クローズアップされるように光があたります。または、備えていながら(使っていないので)育っていない性質を、使う場面がでてくることで、育てていく機会を与えられることもあります。

新しい人間関係がほしくなるとき、増やしたくなるときは、「自分を成長させたいとき」です。備えていながら気づいていない自分の一面を、引き出そうという(無意識も含めての)成長する意欲が、学びの機会を求めるのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存