「思いのエネルギーを放つ強さ(念力の強さ)」と「思考力の高さ」との違い。

頭の中や心の中で「思う」ことも、「発言」や「行動」と同じように、エネルギーとして放たれて作用していくことは、スピリチュアリズムに関心をお持ちの方はご存じの知識だと思います。

そうした「思うという行為から放たれるエネルギー」が、平均より強い人がいます。「念力が強い」という言い方で表現されることもあります。

このことを短い言葉でいうと「思う力の放ちが強い」となり、そうすると「思考力が高い」ことと字面としても似ているためか、解釈が混ざってしまったり、区分けが曖昧になって、よくわからなくなってしまう方も少なくないようです。

前者は「思うエネルギーが放たれる強さが、優れていること」で、後者は「考えや思いを巡らせて、何らかの方法などを模索する力が優れていること」ですから、この二つは別の事柄をあらわしています。

似ている部分もある。

両者は、似ている部分もあります。身体の動きを伴った行動によって、何かをあらわしたり動かしたりするのではなく、「内的なエネルギーの使い方をしている」という点です。

つまり、手を使って作業をしたり、脚をつかって移動したりすることではなく、自分の頭や心の中という、内側での行為というエネルギーの使い方になるところが共通しています。

エネルギーが外へ向くか、内へ向くか。

違っているのは、エネルギーが向かう方向です。

「思うエネルギーが放たれる強さが、優れている場合」は、「放つ力」ですから、対象がどのようなことであれ、自分からエネルギーが外に向かって(特定の対象に向かってという意味とは限らず)放たれていきます。

「考えや思いを巡らせて、何らかの方法などを模索する力が優れている場合」は、「思考力の高さ」ですから、深く思考を重ねるときほど、そのエネルギーの向かう先は、自分の内側となっていくことが多いものです。

つまり、「思う力が強い場合」は、どちらかといえば、外に向かってアピールするとか、作用させるとか、何かをあらわすとかの方向にいかされることが多く、

「思考力が高い場合」は、自分の頭や心の中での、思考という精神活動が洗練されているとか、重ねられるスピードが早いとか深いとかの方向に、いかされることが多くなります。

どちらかが高いと、もう一方も底上げはされる。

どちらも、「頭や心の中で思うという行為に伴うエネルギーが、平均よりも大きい」という共通点があります。

ですが、備えている性質との兼ね合いで、使われ方やあらわれ方としての違いがでてくるということです。

元となるエネルギーが同じようなものであり、使われ方やあらわれ方が違うだけなので、これからは幾らかの連動がみられ、「どちらが一方が強いと、もう一方も、他方の強さで引き上げられていく」ことが多いようです。

しかし、そうして両方の作用が大きくなっている場合でも、どちらが「元」であるかという性質の差は変わりませんし、二つがひとつに統合されているものでもないですから、

思考力が念力のように働くこともないし、念力の強さが思考力の高さとして働くこともありません

「思うエネルギーが放たれる強さが、優れていること」と、「考えや思いを巡らせる力が、優れていること」と、

この二つは、別の事柄です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする