楽しさから遠ざかろうとしてしまう人は、「楽しんでも大丈夫」なことを試してみてください。

苦労して育ってきた方に、ときどきられる傾向として、「楽しいことをそんなに求めない」だけに留まらずに、「楽しいことから遠ざかろうとしてしまう」人がいます。

今まで苦労してきたことが多かったので、楽しみ方がわからないということも関係しているかもしれません。とにかく、楽しいことをしないほうが、「正しいこと」であり、「そのほうがうまくいく」と思っています。

この人生で、とても苦労しながら、なんとか頑張ってきましたから、「うまくいくためには苦労が必要」であり、「楽しんでしまうと、うまくはいかないだろう」という前提が作られてしまっているのです。

楽しまないことが、人生を楽にするという思いこみがある。

こういうタイプの人は、自分では、楽しみを否定してはいないのです。楽しみを求めたいし、そうできたらいいのになあという表面的な思いはあります。

しかし、心の深いところでは、楽しまないこと、我慢すること、苦労することのほうを、肯定しているところがあります。

そのため、楽しみを求める気持ちはあっても、そういう方向の行動をとることができません。

これまでの、苦労してここまでやってきた方法こそが、ものごとが進んでいく方法であり、そうでない方法をとれば、ますます難しい状況に自分を追い込むことになる、という思いが根底にあるので、ブレーキが掛かってしまいます。

緩むことに、怖れがでてしまう。

他の人からすれば「何もそこまで、構えなくても」と見える状況なのですが、本人としては、そうしなければ、自分はもっと大変になるだろうという怖れがあります。

例えるならば、力いっぱい握っているものがあって、仮に力を緩めたときに、もし落としてしまったらどうするんだ!という怖さゆえに、「それでも問題ないかでないどうかを、確かめられない」のです。

少しでも自分を脅かす可能性を減らしたい、そのためには多少、備えすぎというロスがでても構わない、それでも前のように苦労するよりずっといいという緊張感が、楽しむための余裕を、自分に与えない状態です。

しかし、冷静になって考えてみていただきたいのは、「今の自分は、たくさんの知恵と経験値をもっている」という点です。過去の、苦労ばかりしていた状態とは、何もかもが同じではないのですから、成長した分だけ、余裕をもつことができるはずです。

そのことに気づくと、少し、怖れから距離をとることができるのではないでしょうか。

楽しみへの怖れは、経験してみることで安心に変えられる。

多くの事柄に言えることですが、緊張感を持ち続けるよりも、ときどき緩みを加えていくほうが、オンとオフのメリハリがついて、ものごとの進みがスムーズになります。

もちろん、すべてに当てはまりはしませんが。

同様に、すべてに緊張や苦労をあてはめなくてもいいですよね。

そういう考え方を、自分に許可してみてください。

ときには「楽しみのための時間や機会」をもっても、自分の人生は「大丈夫」であると、自分を使って試してみてください。小さい規模で、無理のない範囲でやってみたらいいのです。それなら抵抗感も小さいですよね。

そうすると、ほとんどのケースで「少しくらいは、大丈夫なようだ」という結論になるはずです。

それだけ自分の人生に真剣にとりくんでいる人ならば、多少の緩みでは、それまでに築いたものが覆ったりしないでしょうから。

そして、楽しむための経験を意図して試してみると、それまでと違う、新たな気づきが増えたり、新しい可能性が広がったりして、思わぬ副産物が手にはいることもあるものです。

そのことに価値を見出していけると、自分から積極的に「新しい刺激や機会のために、楽しみという経験をしていこう」という姿勢になっていけると思います。

価値観を丸ごと変えてしまう必要はないのです。今あるものに、幅を出すというつもりで、楽しみという余地を広げていくという考え方で十分です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加