悲観的になりやすい、楽観的になりやすいというのは、生まれもった性質。

「なんでも悲観的にとらえてしまう人」は、多いですよね。ものごとに対して、実際の事実よりも少し悪いことを想定しておくと安心するとか、まだ起きていないトラブルがもし起こったらどうするのと先回って心配するとか、慎重な思考や行動が習慣になっている人です。

一方、「すべてを楽観的にとらえる人」もいます。もしも思い通りでなかったらというような、悪くなる想定をしないので準備もしない、なんとかなるという考え方ですべてに大きく構えているか、または、全般的にものごとをあまり深く考えていなかったりします。

どちらも、「生まれもってそういう性質」の人だということ。

こういう考え方の差は、生まれ持った性質によるところが大きいです。そして、どちらが但しとか優れているとかの○×もありません。一般的に悲観的な人は低くみられて、楽観的な人が(度合いによりますが)好まれることが多いように思いますが、それぞれ個性がそうなっているというだけで、優劣はないのです。

楽観的な人のほうが高評価になりやすい理由は、そうした個性について細かく考えるのは悲観的な人がする思考だからです。

悲観的な人は何でも悪くとらえたり否定的にとらえたりしますから、自分がよくわかっている自分自身を低くとらえて、よくしらない別のタイプの人を高くとらえることが影響しているのではないでしょうか。

楽観的な人は、そういう細かい思考を好まない人が多いですので、世の中にでまわる解釈が「悲観的な人は、あまりよくないものだ」という、悲観的な人自身の解釈のみになってしまうのだと思います。

備わっているものをいかす、というとらえ方を。

こうした性質というのは、生まれ持った先天的なものと、後から身についていく後天的なものとの両方で作られていきますが、どちらかといえば先天的な要素のほうが大きいでしょうね。

後から身についた習慣のようなことすら、変えることは容易ではないですから、生まれ持った性質を変えることはできませんね。最初からそうだ、という前提でこの人生がスタートしています。「そういう個性を備えた経験が、今回の人生での与えられているカリキュラム」でもあるのです。

備わっている性質を、プラスに発揮すればいい。

悲観的な人は考え過ぎてしまうのと、自分をも否定しやすいので、「こんな悲観的な自分を変えたい」と思ってしまうことがありますが、個性は変えられませんし、また変える必要もありません。なぜなら、個性というのは裏表があって、短所と長所はひとつになっていて、短所を消したら長所も消されてしまって無個性になります。そうなりたい・・・のではないはずです。

生まれ持った性質を認めて、それをプラスに発揮させればいいのです。マイナスに発揮させてしまうから不調和が起こるのであり、プラスに役立つようにと意図して使っていくようにすれば、価値がよくわかります。

すべてにいえますが、個別の事柄や要素に、良いとか悪いとか、○とか×とかの定義はありません。正しいも間違いもありません。

どちらが理想的かというのは、その状況との兼ね合いになりますから、「この場合なら、この要素で、望ましいといえるだろうか」というように、状況と要素をセットでとらえてはじめてでてくるその組み合わせに対する解釈であって、要素のみの単体に定義をつけることはできないということです。

どちらにも、状況との兼ね合いによって、メリットになる組み合わせもあれば、デメリットになる組み合わせもあります。

たとえば、楽観的な人はこだわらないので好ましいと思われているとしても、しかし緊迫した場面で、楽観的でいられてもそれは困る、ということだってありますよね。何もないのに悲観的でいられても、周囲の人は扱いに困るけれども、緊迫した場面ではそのほうがふさわしい態度と受けとめられることもあるでしょう。時と場合によって、受け止め方はまったく変わるということです。

自分の個性を否定しない。変えようとしなくていい。

「こんな自分はダメだから、変えたい」と思うのは、楽観的な人にはあまりいなくて、悲観的な人に多い考え方ですので、そちらを例にとります。

何もないのに悲観的になりすぎて、実際にはシンプルなものごとを複雑にして、自分を忙しくしてしまったり、周囲にもそれを強要して混乱させてしまったりという点には、きをつけなければなりませんね。

ですが、悲観的な人は、ものごとに対して慎重に慣れるというメリットもあります。楽観的な人はそういうふるまいがあまり上手にできません。そういうメリットをいかして、うまく人生を運んでいけばよいし、他者に価値を与えることもできるはずです。

ほどよい発揮が、好まれるということ。

それでも「でもやっぱり、楽観的な人のほうが明るくて楽しい人と思われて、人気になることが多いでしょう。ああいうふうになりたい」と思うかもしれませんね。

しかし、楽観的で好かれる人は、「ほどよく楽観的である」から好まれるのであり、極端なまでに楽観的であったら、大人の社会では浮いてしまうことが多いのではないでしょうか。

つまり、どちらも「ほどよく」がいいのです。悲観的であっても、それが過剰にならなければ、人から好かれる要素としての価値が十分にありますよ。ただ、楽観的な人のような「わかりやすい好まれ方」にはならないかもしれませんが。それは個性の差ですから、受け入れていくべき差ですね。

自分らしさを発揮すれば、それは評価の対象となる。

自分を否定してしまえば、自分らしさを発揮できないから評価されません。自分を肯定すれば、自分らしさが発揮されて、評価されやすくなります。それが求めている生き方なのであれば、他人のようになろうとするのではなく、自分を認めて自分らしさを発揮することなのです。悲観的でいいじゃない。そのままをうまくいかしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加