先祖の霊は、家系が途絶えないことを願っているか?

「一人っ子で、自分が嫁にいくとお墓を守る人がいなくなる」、または、「自分が子供を産まないと、血縁が途絶えることになる」、

このことをご先祖様はどのように思っているのか、自分としては申し訳なく心配だが・・・、というご相談をいただくことが、たまにあります。

先祖の霊は、それらをどう思っているのか。

結論から言うと、○○家が途絶えてしまうとか、お墓がどうだとか、それらは「この世の人間の感覚での心配事」です。

既にあちらの世界へ戻られて、霊となっている方達は、そうしたこの世の物質的なことには、こだわっていないケースがほとんどです。

ですので「先祖に申し訳ない」とかは、あまり心配しなくてもいいでしょう。

中には、この世を去られて年月の浅いご先祖さんは、そういうことを気にしている方もいるかもしれませんが、時間が経って、浄化が進んでいくほどに、そのような現世的なことには、とらわれなくなっていきます。

血縁とか、家系というのは、この世独自の繋がりですので、既にあちらの世界にいらっしゃるご先祖の方達というのは、こちらで生きている側の人達が思うほどには、それらのことにこだわっていません。

ご相談者さんたちの、先祖や家を大事にする気持ちは尊いのです。心配になる気持ちもわかります。

けれど、それを心配するあまり、ご自分の人生を混乱させてしまうことは、ご先祖様は望んでいないと思います。

生前の心の繋がりが深い間柄であればあるほど、生きている側の人達のことを尊重してくださるとも思うので、過剰な心配はせずに、現実を優先した判断をしていくことが一番いいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加