「悪いエネルギー」と感じるかどうかは、人それぞれ。

スピリチュアルに関心がある方が、エネルギーという抽象的なものを語る際の、ありがちな「思い込み」に、「悪いエネルギー」というとらえ方があります。

「あの場所から、悪いエネルギーがでていることを感じた」とか、「あの人のエネルギーは低いので、自分が影響されてしまった」という表現は、わりとよく使われますね。

周囲の人や場所のエネルギーが「悪い」ために、自分がそのことに迷惑をこうむるかのようなとらえ方は、ちょっと偏りすぎています。

実際には、「それ」のとらえ方は、人それぞれとなります。

エネルギーをどう感じるかは、それぞれ違う。

あるエネルギーに影響されて、自分のコンディションが下がってしまったり、その場所にいくと苦しくなる現象は、実際に起こり得ます。

けれど、エネルギーはエネルギーであり、それが「良い」とか「悪い」とかの一律の定義でくくれるようなものではありません。

悪いというのは、その人個人にとって馴染みにくいとか、違和感があるとか、嫌な感じがするというだけの、とってもパーソナルな感覚によるものです

自分が、そのエネルギーに「悪いもの」を感じたとしても、エネルギ-自体が悪いとは限らず、「自分からは、そう感じられる」というだけかもしれません。

他の人にとっては、同じものが、別に悪くもない、何も思わない、許容範囲の普通のことである、という可能性も多々あるのです。ここが、注意しなければならないポイントです。

万人にとっての悪いエネルギーとういうものは「ない」のです

そういう発言をする本人にとっては、違和感があって、歓迎されないエネルギーなのでしょう。それは、その人の個人的な感覚や感性(好み)としてもちろん尊重されます。

ですが、その感覚は、世の中の他の人たちにまで「自分と同じように」当てはまるとは限らないことは覚えておきましょう。自分では単に事実を言っているつもりが、その対象を貶めているのではないか等の、誤解を受けてしまうこともありえますので、こうした発言には慎重になりましょう。

そのエネルギーへの親和性で、受け止め方が変わる。

食べものの好みがそれぞれであり、甘いものを好む人も苦手な人もいるように、エネルギーへの感じ方、親和性の差というものがあります。

同じエネルギーに対する受け止め方も、複数の人がいれば、それぞれのもつ個性との相性によって、好みや苦手という差がでてきます。

たとえるなら「ピーナッツをどう受けとめるか」の違いのようなことです。

アレルギーを持つ人にとっては嫌なもので避けたいものとなりますね。そうでない人には何とも思わない普通のものです。好きな人にとってはおいしくて歓迎したいものになります。

あるエネルギーについての印象も、嫌で避けたい人もいれば、何とも思わない人もいれば、歓迎したい人もいるという、受け止め方の違いがでてくるということです。

「低いエネルギーが、出ているのを感じる」ことがあっても、そのエネルギーを、低いと認識しているのは自分と同じような個性の人だけで、他の人には何とも思わない普通のもの(だから感じない)というケースは多々あります。

感じる度合いが低いから感じ取れないこともあるけれど、何とも思わない範囲のことだから感じない、というケースもあり、ここは一概には言えないことなのです。

自分には、悪いエネルギーとしか言いようがない違和感がありありのものでも、もしかすると、他人にとっては普通だったり、なんと好ましかったり!有用だったり!することすら、あるかもしれないのです。

まとめると。

自分に合わないエネルギーは、あります。自分の感性の幅にしっくりこないものには、違和感やら否定感がでてくるものです。しかし、それが悪いエネルギーだから合わないのではない(かもしれない。いろいろな理由が考えられる)ということです。

エネルギーへの違和感は、知らないエネルギーであることへの警戒感から引き起こされていることもあります。自分がそれに慣れていくと、違和感が小さくなって、悪いエネルギーだという認識が変わることもあります。

そういうケースがあることも、エネルギーそのものが悪いのではなく、受け止める側の受け止め方で変わることを示していますよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加