あらゆる原因が、結果を伴うという、カルマの法則。

カルマの法則とは、自分が蒔いた種が、自分のゆく道に実るという、真理の法則です。

悪いことをすればその罰がある、という単純な意味には解釈しないでください。本来の意味は、悪いことであろうと、良いことであろうと、自分が原因をつくったことはすべて、自分が結果を引き受けるという形で、ものごとが展開されるということです。

この世で展開する、すべての出来事には、それぞれ深い意味と学びがあります。そのひとつひとつに、悪いこと、良いこと、という定義はつけられないことはわかりますよね。であれば、悪いことをすれば罰がくる、という考え方も、あてはまらないことになります。

カルマの法則とは、懲罰の法則ではないのです。カルマという言葉への謝った認識から、この真理の法則は、恐ろしいもののようにゆがめられて誤解をされています。

カルマの法則とは、すべての出来事には、そうなるに至った原因が存在し、原因のない結果が単独で展開することはなく、あらゆる原因がいつか必ず何かの結果を伴うというしくみのことで、私たちはこのしくみがつくる、結果の連続の中で、学びのための経験を重ねています。

自分にとって不都合なことが起こったときだけ、これはカルマだろうか、だとすれば恐ろしい、というような受け止め方からは卒業しましょう。

この法則は、恐ろしいものではありません。それどころか、自分の未熟さに気付かせて、未来を光で照らしてくれる、愛に満ちた法則です。

もしも、自分が進みたい道に、過去の自分が蒔いた種が成長した草木が茂って、行く手を阻んだとしたら、・・・それは、誰の責任であるか、それは自分以外にありません。

この法則で物事を考えていくと、どんなこともすべて自分が蒔いた種であり、自分の行く道を喜びでいっぱいにするも、困難でいっぱいにするも、自分次第であることがわかります。

この法則を正しく理解することで、この世の学びは加速しますが、しかし、この理解は本当に難しいものです。今は理解ができなくても構いません。

この世の展開は、この法則で動いていきますから、必ず気づくようになっていて、学ばされるようになっていますから、それぞれにふさわしいタイミングで、経験を通して理解が深まっていくようになっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加