また同じ繰り返しになったら・・・という不安で、新しい人間関係に踏み出せないときには。

過去に、人間関係でうまくいかなくて傷ついた経験があると、新しい人間関係を得ることに積極的になれない場合が多いものです。

「また、同じことの繰り返しになったらどうしよう、」とか、「もう傷つきたくない」という、恐れの気持が出てくるからです。

恋愛の相手や、親しい友人を見つけたいという思いがあっても、しかし同時に、過去に経験したパターンをまた繰り返すのではないかという恐れもあるので、自分の感情が、自分の行動にブレーキを掛けてしまうことになります。

しかし、また同じになったりはしませんから安心してください。

その理由は、以下のとおりです。

その頃の自分と、今の自分は違っている。

この世で展開することはすべて、同じ要素のあるもの同士が引き寄せ合うという「波長の法則」が関わり、人間関係も例外ではありません。

自分と出会う相手の中には、何かの共通する要素があるからこそ、ご縁が作られていきます。何も引き合う要素がない人とは、関わる機会が作られることはありません。

このしくみがありますから、自分が成長していけば、引き合う相手のタイプも当然、以前とは変わっていきます。自分が変化したのに、以前と同じ要素をもった相手と引き合うことはなくなります。

つまり、人間関係において「同じことの繰り返しになったらどうしよう、また失敗したらどうしよう」という恐れは、まったく成長していない人が心配すべきことであり、自分を高めようと努力をして、そして実際に変化をしている人には、無縁の悩みなのです

成長している今の自分を、信じて進んでいく。

過去に傷ついた経験をすると、また今度もそうなったら・・・という気持ちが出てくることはしょうがないですが、しかし、実際には「同じ繰り返し」というのは、とってもレアケースで、同じにならない可能性のほうがずっと高いのです。

そのように考えていき、自分に言い聞かせて、気持ちを切り換えていくようにすると、新しい1歩を踏み出しやすくなるのではないでしょうか。

また失敗したら・・・、と心配になってしまう場合には、その当時から今まで、どのくらい自分自身が変化=成長したか、という点を、改めて考えてみると、心配は薄れて安心が広がっていくはずです。その気持ちが、行動を後押ししてくれることとなるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加