人間関係の問題は、双方に原因があるものです。

人間関係は、同じ要素をもつ人同士が引き合うという「波長の法則」によってつくられているので、もしも、何かの行き違いや対立等が生まれたならば、その原因は、双方にあると考えたほうがいいでしょう。

そうした原因となる要素を、自分もいくらかはもっていたかもしれない、という、自分を省みる冷静さと謙虚さが大切だと思います。

相手だけが一方的に悪くて、自分は100%の被害者である、という解釈をしてしまうと、なかなか解決のための方法は思い浮かばなくなります。

自分の側から、感情でいっぱいの視点で眺めると、相手の悪いところだけが目についてしまいますが、相手だけが悪いということが起こり得るのか、自分には本当にひとつも悪いところがなかったか、理性で考えてみることも必要ではないでしょうか。

自分の改善点を探し気づいたなら、それだけ自分自身が成長できます。

相手の改善点だけを探そうとする視点では、自分のことが見えません。

そうした視点をもって、自分と相手の間にある問題を眺めてみると、きっと何かが見えてくると思います。

どちらが悪いとか、誰のせいだとか、そういうこととは別の、自分と相手の未熟な点が見えてくると、「この人間関係から、お互いにもっと学んでいける」という新たな気持ちを抱くこともできるようになります。

そのように思えたら、お互いへの見方が変わります。

行き違いや対立など、些細なことだと思えるようになりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加