前世の経験値によって、異性への理解度が大きくなる?

前世で、「女性だった経験が多い、(今世の性別は)男性」、または、「男性だった経験が多い、(今世での性別は)女性」は、たましいの経験値があることから、異性の気持ちへの共感度や理解度が高いです。

女性の前世をたくさんもつ男性は、男性の平均と比べてず、女性の気持ちがわかり、

男性の前世をたくさんもつ女性は、女性の平均と比べて、男性の気持ちがわかります。

いくらたましいの経験値が多くても、今回の人生の肉体(性別)という制限の中での理解ですから、前世で経験したそのままが活用できるわけではないです。

それでも、「かつて自分がそうだったという経験」は、理解力の底上げになってくれることは確かです。

女性、男性にみられる性質の特徴というのは、とても大きなくくりの傾向で、個別の性格はそれぞれありますから全員に当てはまるものではないのでしょうけれど、「男性に多い傾向」「女性に多い傾向」というものは確かにありますからね。

性別的な脳の構造だとか、ホルモンのバランスだとかの差はありますし、育ち方や扱われ方も違ってきますから。

そうした「多くの人に広く当てはまる傾向」という基礎が、たましいの経験の記憶によってわかるという優位性が、異性への理解度になるということです。

相手の個別の性格的なことや詳細まではわからなくても、「性別による、されて嫌なこと」は、わかりやすいようです。

「男性は、これを言われたら嫌だよね」とか、「女性は、こう扱われると不満になるだろうな」ということが、異性でありながらもよくわかり、気が利いた行動ができたり、配慮した言動をとることができたりします。

そういう人は、異性にモテることが多いかも?しれませんね。しかし同時に、相手のことがわかってしまうので、恋愛にのめり込めないとか、負担をかけると悪いと思って変に遠慮してしまうこともあり、メリットばかりではないようですが笑。

また、異性間で友情が生まれやすいのは「こういう人同士」なのかもしれませんね。性別をこえてお互いの理解者になれるのは、かつての自分の経験がそうさせているのかもしれないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加