子孫のことに関心をもつ先祖霊は、二~三代前くらいの方達までが多い。

セッションの経験から統計的に思うことですが、他界されているお身内の霊、つまり先祖霊がでてこられる「範囲」はだいたい決まっているようです。

何代も前の先祖が、時代を超えて子孫にメッセージを・・・ということは、あまり聞かないですね。私も経験がありませんし、書籍などでそういう記載をみた記憶もないので。

ミディアムによって、波長が合いやすい範囲が決まっています。霊能力の備わり方はそれぞれ違うためです。どこにでもどんな霊にでも波長があうわけではありません。

私は、守護霊とは波長がとてもあいやすいミディアムですが、先祖霊と波長をあわせることはそんなに得意なほうではないので、わかる範囲も狭いのかもしれませんが、

そんなに大昔の方がでてくることはないです。

最大、さかのぼったとしても、曾祖父母くらいまでですね。

それ以上に古い時代の方、たとえば戦国時代の方がでてこられるなどということは、まずないです。

おそらくはそのくらいになると、もう、子孫のことを含めて、こちらの世界への関心の持ち方などが、曾祖父母以降の方たちとは、違ってくるのでしょうね。その他にも、あちらの世界の基準が何かいろいろ関係しているのかもしれません。

古い先祖になると、ご相談者さんと会ったことがない方ばかりになりますが、そういうことは理由ではなさそうなのです。早くに他界されていて、ご相談者さんと会ったことがない先祖の方でも、メッセージを伝えにでてこられることはありますので。

生まれる前になくなったお祖父さんとか、親が結婚する前になくなった親の兄弟(自分からすると、おじさんなど)がでてこられることはあるので、理由はそこではなく、やはり、あちら側からの関心の持ち方がかわるためだったり、こちらの世界のしくみである時間という経過によって、でてきやすい方とそうでない方の差などがあるのかなと思います。

スピリチュアリズムに関連する書籍を、これまでに数多く読みましたが、その中での先祖の記載について、何代も前の大昔の方があらわれるという記載は見受けられなかったように記憶していますので、きっと「そういうもの」なのだろうと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加