動物のオーラは、人間のオーラよりもシンプルなエネルギー。

犬、猫、鳥、馬などの、動物さんたちのオーラは、人間のそれほどには複雑さはありません。

シンプルなエネルギーで、全体的なふわっとした、素直なエネルギーという印象です。

オーラには、その人自身のようす、備えている性質などが反映するものです。

その中には思考や感情も含まれます。

動物の抱く思考や感情は、人間のような複雑さがなくシンプルであることが考えられます。

人間のような、理性と結びついている思考や、複雑ないろいろを結びつけて発生する感情などは少なく、もっとストレートな「本能にもとづいた感情」となるので、オーラにも複雑さがあらわれないのでしょう。

人間のように、本音と建前が微妙に入り組んで、あちらがああなって、こちがらこうなって・・・という「いろいろ」がないですからね。

さらには、たとえば人間がときに抱いてしまうような、「相手を陥れてやろう」とか「揚げ足をとってバッシングしてやろう」とかの邪念もないですから、オーラは透明感があり、くすみは少なくてふんわりとしています。

そうした複雑な思考からの、感情の発生にならないので、そこが一番の違いですね。

そして、霊性の発達度も、やはり人間とは違います。そうした、発達しているゆえの複雑さをもつのが人間(のオーラ)で、動物にはそうしたようすがみられません。

人は、霊性が発達していて、知性が高いので、複数の人たちを比較したときの「個人差」が大きいです。オーラにもそれらが反映していて、Aさんのオーラと、Bさんのオーラは、かなりの違いがみられます。

動物のオーラの場合も、知性が高い種類の動物さんには、オーラにも個体差があらわれるようです。

犬や猫は、大人しい子もいれば、賑やかな子もいて、それぞれ性格の違いがありますよね。それはオーラにも、違いがあらわれています。

しかし、知性がそれほど発達していない動物さんだと、性格などの個体差も小さいため、それぞれのオーラにあまり違いなどはみられないようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加