神経質な人のオーラ。

細かいことまで気になってしまう、きちんとしていない状態が嫌という「神経質な人」は、オーラにもそれがわかる特徴がみられます。

1,オーラが大きい

2,オーラの網目が細かい

3,オーラの振動が早い

この3つが、揃っているほど神経質な傾向がある、といえると思います。

オーラが大きいことの関連性。

オーラが大きいほど、自分のパーソナルスペースが大きいということです。周囲を含めた、「自分が気になる領域」が広いのです。

オーラが大きいということは、自分のセンサーが働く領域が広いということでもあるからです。

オーラの網目が細かいことの関連性。

オーラの網目が細かいほど、些細なことまで拾い上げてしまう、意識がキャッチしてしまうので、気づく事柄が増えます。気づくと、気になりますね。

オーラの振動が早いことの関連性。

オーラというエネルギーは、常に振動しています。この振動が早いということは、ものごとをとらえることが瞬間的だったり、洞察や思考などのめぐりが早いというメリットがあるのですが、その分、常に動かされているので緩むことができにくいです。

緩むことができない=張り詰めている=緊張しやすいということで、この緊張感が、「気になる」ことを底上げしてしまうようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加