感情が乗っている声が、「うるさい」と感じられる耳の敏感さ。

耳がとても敏感な人の中には、「感情が乗っている声が、ひときわうるさく感じられる」ケースがあります。声のボリュームが大きいためではなく、感情が乗っている声のみが、「うるさくて、わずらわしい」という印象になるのです。

物音なら平気、感情の乗らない声なら平気。

うるさいと感じるのは、声が大きいからではなく、感情が乗っているからという理由です。

そのため、いくら大きくても「物音」ならそれほど気にならないようです。

人の声でも、感情が乗っているかどうかが関連するようで、たとえばテレビのアナウンサーの声など、個人的な感情があまり含まれていない、職業人の声なら、たとえボリュームが大きくても気にならない、

しかし、熱意をもった会話をしている声とか、バラエティ番組で盛り上がっているときにの出演者の声であれば、「声という音が、自分の内側にくいこんでくる」かのように感じられて、わずらわしくてうるさい、という印象になってしまうのです。

耳が敏感であること、音に敏感であること

②エネルギーの振動に敏感であること。

③感情の乗ったエネルギーを、感じ分けることができる(そのセンスが極めて高い)こと

④どちらかといえば、他者との関わりよりもひとりのほうが好きである

生まれ持って、上記のような性質が揃っていると、こうした「声」に対して、負担のような感覚が生じやすいようです。

 パーソナルな要素が含まれている「重さ」がある。

声という音は、エネルギーの振動そのものです。そうした振動を、敏感に察知するタイプの人がいるとしても、「感情の乗った声」だけが、わずらわしいのはなぜか。

それは、感情という思いは、とてもパーソナルな要素が含まれていて、ある種の「重さ」があるからです。

その重さが、自分に干渉してくる圧力のような体感となったり、外からの力が自分に掛かってくる働きかけのように感じられる人もいるということなのです。

自分のエネルギーを「クッション」にする。

こうした「敏感さ」はもってうまれた性質なので、敏感なものを鈍くすることは難しいです。そして、敏感さは、優れている点でもありますので、そちらをいかすことも大事です。

敏感さを改善するのではなく、別の方法で影響を小さくするというとり組みが適していると思います。

「普段からコンディションを下げないように、保っていけるようにする」という、とても普通のことが、もっとも効果的で、現実的です。

元気いっぱいのときは、元気さのエネルギーが、自分を取り巻くクッションのように働き、外からの刺激を吸収してマイルドにしてくれるからです。

元気がないときは、エネルギーのクッションが作用しないので、外からの刺激がダイレクトで「過剰」に感じられてしまいます。

人の「思い」が乗った声は、ときに「重い」と感じられることも、敏感な人にとってはあることですので、そういう感じ分けができる個性とうけとめていくといいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加