簡単にできることから、まずは行動に移していくといい。

たくさんの事柄を前にして、何から手をつけたらいいかわからないときには、迷わず「簡単におわること」「すぐできること」「時間が掛からないこと」を、片付けてしまいましょう。

複数のものごとがあって、何からやったらいいかという判断基準は、もちろん「大事なこと」「重要度の高いこと」「優先度の高いこと」です。

けれど、その判断が簡単でないから悩むのであり、どれが大事で、どれが優先度が高いかという答えをみつけるのは難しいものです。

ものごとの境目というのは常に曖昧であり、ほとんどは「グラデーション」になっているものだからです。

それらを判断するにも、慣れによるコツが必要です。行動の回数を重ねていく中で、自分なりの規則性が作られます。そうすれば自然と効率化もはかれます。

つまり行動が大事だということです。行動の経験値が十分にあれば、自然と規則性が作られていき無駄が省かれて、効率化ができるようになります。

しかし、経験値を増やすには時間がかかりますから、そうした規則性ができあがるまでの基準として、「早く終わることから、先に」することをお勧めします。このルールで動いていけば迷うことなく、行動ができます。

ほんの少しの時間、5~6分あったら終わることを優先する。作業時間が1日あったら終わることから取り掛かり、一週間以上かかることは後にまわす。他人の判断が関連することよりも、自分ひとりで作業が完結することから先にやってしまう、というように。

そうすると、「スタートさせて、おわる」という区切りのついた行動が重ねられていきます。そうして重ねた経験は、知恵となって、全般を底上げしてくれます。その繰り返しで、自然にコツがつかめていき、気がつくと、以前よりずっと効率よくたくさんのことをこなしている自分に気づくでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加