感覚が冴えているときは、髪型を変えたくなったり、切りたくなったり。

髪型を変えたくなるときや、髪を切りたくなるときは、「伸びたとき」や「暑いとき」というケースが思い浮かびます。または、気分転換の意味もあるでしょう。しかし、まったく別の事柄が関連して髪を切りたくなることもあります。

オーラの動きの影響で、髪を切りたくなることがある。

その人の内面は、頭の周囲のオーラによくあらわれます。

思考力の高さも、直感力の鋭さも、感性の豊かさも、頭の近くのオーラが示す形状や、エネルギーの集まり方示してくれます。

頭の周囲のエネルギーをよく使っているとき(つまり上記の何かの働きが、活発になっているとき)には、エネルギーの動きの刺激によるのでしょうか、髪型を変えたくなることがあるようです。

直感が冴えていて、いろんな形でそれを発揮しているときや、クリエイティブな作業に没頭しているときや、スピリチュアルな世界からの働きかけが大きいとき、後押しをうけているときなども、頭の周囲のエネルギーの動きが大きくなりますから、その「感覚」を、「髪の毛」によるものと結びつけて認識してしまうのでしょうね。

頭の近くで変化がつくことといえば、髪の毛が伸びることだ、という認識になって、少ししか伸びていなくても、切りたくなってしまうのです。

まったく伸びていない場合は、「髪型を変えたくなる」こともあります。頭の周囲で起こる動きを、「これは、髪型がしっくりこないことへの違和感だろう」と認識してしまうためです。または、頭に「飾り」をつけたくなる、というパターンもあります。

こういうことって、一度気になると、ソワソワしますよね。何かやらないと気が済まなくなって、・・・私の場合はよく、まだそんなに伸びていない前髪を、自分で短くきりすぎて失敗します、笑。

エネルギーの動きや、そこからの体感・感覚というのは不思議なものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加