変わりたいなら、変わるための行動を自分から起こしていこう。

今の自分を変えたい、もっとこんなふうに変わりたいと思っている人のうち、大部分が、実際にはなかなか変わることができない、・・・というよりも、変わるための行動を起こすことができません。

他人が関わることならともかく、自分の動きだけで変えられる部分においても、行動を起こせないことには理由があります。

結果は変えたいが、自分を変えたくない。

変えたい、変わりたいのに、なかなか動き出せないのは、「自分を変えたくない(今のままでいたい)」からです。

結果は変えたいけれども、自分を変えたくないし、自分のやり方(プロセス)も変えたくないという相反する思いがあるためです。

「自分はこれまで通りのそのままで、自分以外の事柄や結果が変わってくれたら、それが一番いい」という思いがあるので、自分を変えて、取り組み方やプロセスも変えるという一連の作業が、遠回りに思えてしまいます。

それに、自分を変えることや、やり方を変えることは、これまでの自分の歴史を自分が否定するかのようで、気持ちの上で抵抗感がでてくることもあります。これまでの自分を肯定するために、「今の自分を変えずに、うまくいかせたい」という気持ちになるのは自然なことかもしれません。

受け身になっていると、効率はよくない。

自分以外の何かが影響して「自分は何もしなくても状況が変わっていくこと」もありますから、変えようとしなくても、変わることはあり得ます。可能性としてはゼロではないです。

ですが、そういう可能性が「実際に、出来事として起こるかどうかは定かではない」し、仮に起こるとしても「いつ起こるかを、前もってしることはできない」ので、それを期待して待っているのは、かなり気の長い話になってしまいます。

自分から変えるための行動をとっていくほうが、時間も労力も掛かるけれども、変化が「起こしやすい」方法なのです。

自分から変えようとすれば、何らかの反応は得られる。

自分から「変わるため」の行動をすることのメリットは、動くという「投げかけ」をすれば、何らかの「反応」がどこかにあらわれるという点です。

一定の結果がつくられるのはずっと先かもしれませんし、結果の出方も望んでいるとおりとは限りませんが、動きをつければ、何かが返ってきます。

内容はともかくとして、何かの結果を生みますので、自分がそれを認識しやすいというのもモチベーションの維持として役立ちますよね。「このようにしてみようと行動したら、こんな結果になった」という関係性を元に、さらに次の行動もとりやすくなります。

「意図してAの行動をすると、Bという結果になった」という規則性がわかると、そのパターンを再現しやすくなります。ただなんとなく、「待っていたら受け身で、Bという結果がでた」という形だと、規則性が把握できないので再現しにくいです。前者のほうが「次」に繋がりやすいのは明白です。

すべては成功へ向かっていく「過程」だと思えばいい。

結果を変えたいけれども、自分を変えたくないのは、ひと言でまとめてしまうなら「失敗するのが怖い」からではないでしょうか。

失敗したらカッコ悪いというプライドと、失敗したら掛けた労力が無駄になるという現実と、期待した分がっかりしてしまうという感情、それらへの怖れが、「行動しない理由」をいくらでも作りだして自分を押しとどめようとします。

しかし、この世には時間というしくみがあるので、この世のものごとは変化し続けます。ずっと同じところに留まることはありません。私たちが「結果」と思っているもののほとんどは「経過」であり、まだ先があるのです。

失敗という、思い通りの結果にならないことでも、そうした事実から気づくことやわかることが、何かしらでてくるものです。掛けた労力は、(何らかの学びがあるのだから)無駄にはなりません。まったくの空振りにはならないです。

期待した分、がっかりしてしまったらという怖れも、「達成感の楽しみが、少し先に延びただけ」を思えばよく、「もっとよくなるためのプロセス」だと置き換えて、変わるための行動をとっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加