自分のオーラを見ることは難しいです。

オーラがみえるようになったらいい、という気持ちがある人は、「オーラというエネルギーを視覚でとらえてみたい」という、純粋な関心からの場合と、「オーラがみえたら、自分で自分のオーラを確認して状態をチェックしたい」という目的がある場合との、2パターンにわからるようです。

前者については、オーラというエネルギーが「ある」ことを、なんとなく視界にとらえるくらいであれば、練習してコツをつかむことで誰にでも可能となります。

後者については、難しいです。オーラを見ることが得意な人でも、「自分のオーラを見ることは、とても難しい」ものなのです。

「自分で自分のオーラを見ること」は、他人のオーラを見るよりも、ずっと難易度が高いことです。

私も、自分のオーラを鏡越しでチェックして、自分の状態を知るようなことは「できない」です。まったく見えないことはないですが、「ぼんやりと、輪郭がわかる程度」ですね。日々の状態の変化を追うようなことはどうやっても無理です。

オーラを鏡越しで頑張ってとらえて自分の状態を把握するよりも、普通に体調や気分を通して、「今日はだるいなー」とか、「頭がすっきりしている」とか、「気持ちが乗っている」とかの把握のほうが、そのときの自分をとらえる精度は高いでしょう。

(つまり、自分で自分のオーラをみて把握できるのは、それ以下ということです)

このことは、ほぼ全員に当てはまり、自分のオーラをとらえるとしたら、輪郭をぼんやりとらえるとか、オーラが「ある」ことが視覚を通してわかる、という、そのくらいが上限になるようにと思います。

できない理由は、「自分を自分で把握するのは、客観的になりにくい」ためです

そして、比較対象がないからでもあります。

他人をとらえる場合は、自分という比較対象があります。

相手を把握するということは、簡単にいうと、自分を基点(ゼロ)として、どのくらい違うかという、差異をとらえることと似ています。

自分と他人には、差異がありますし、距離がありますが、

自分の自分では、同じであり、距離がないですから、

他人を見るような客観的な把握は、難しいということなのです。

オーラを見ることに関しては、自分のオーラよりも、他人のオーラのほうが、かなりわかりやすいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加