「自分が悪い」と思う性格と、「相手が悪い」と思う性格と。

まったく悩みがない人はいないと思います。

悩むとまではいかなくても、思い通りにならない事柄に、どうしてだろう、もっとこうなったらいいのにと不満になったり、不安になったりすることは誰にでもありますよね。

悩みについて、なぜそうなったのか、何がこの状況を招いたのだろうと考えたときに

「自分に何か原因があって、こうなったのだろう」と、自分が悪いと思うタイプと、

「自分には原因がなく、相手のせいで自分が損をしている」と、世の中や相手が悪いと思うタイプの方がいます。

実際のところ、ものごとが思い通りにいかない原因がどこにあるか、端的にはまとめられず、幾つもの要因が絡んでいるものです。

そもそも、何かが「悪い」からうまくいかない、という認識自体が極端すぎるので、解決や改善をはかるためには、その点をまずは緩めることが必要です。

「自分が悪いと思ってしまう人」には、思考を変えてもらう。

悩みや問題があり、それを解決したいと相談をいただく方のうち、「自分が悪いからこうなってしまう」という考え方をするタイプの、思考の仕方や価値観を変えていただくのはそんなに難しいことではないです。

なぜなら、自分が悪いと考えてしまう方は、普段から周囲を気にして合わせて振る舞っているので、「適応力が高い」場合が多いからです。

つまり、自分を変化させることになれていますから、自分の中での納得があれば、思考の仕方や認識の仕方を変えることができます。実際に変わっていくまでの時間は掛かっても、変えようという意識になっていくことは、このタイプの方にとって難しいことではありません。

具体的には「自分が悪いから」という考え方を、「そもそも、どちらが悪いとか誰が悪いとかの問題ではない」という考え方に置き換えていきます

ものごとが思い通りにならない理由は、何しら存在しますよね。それが自分で変えられることかは別として。

しかしそれは「悪いから」ではないのだということ。

悪い以外の理由で、そうなることも多々あるという認識をしていくと、今まで悩みだと思っていたことが、日常によくある出来事のひとつのように、認識が軽くなったり緩くなったりしていくことも多いのです。

「世の中が悪いと思ってしまう人」には、行動を変えてもらう。

上記の「自分が悪い」と考えてしまうケースとは違い、「自分は悪くないのに、こうなってしまう」と考えるタイプは、思考を変えることから解決の糸口をみつけるのはなかなか難しいようです。

「自分は悪くない」と考えがちな方は、言い換えると「相手が悪い」「世の中が悪い」「世間が悪い」と思っていますから、変えるべき(変わるべき)は外の世界であるという前提で受けとめています。

そうしたちょっと極端になっている解釈を、「どちらが悪いとかの問題ではない」と置き換えたとしても、それだけでは「自分」を変えることにはなりにくいのが、このタイプの難しいところなのです。

世の中が悪いわけではないんだ、と考え方を変えても、それだけでは「自分は悪くない」がそのまま変わらず、思考の変化が自分の人生に反映する度合いが小さくなってしまいます。または、じゃあどうすれば?というその次のステップをうまくみつけられなかったりすることがあります。

こちらのタイプの方は、「行動を変える」ことのほうが効果が高いです

行動にフォーカスするなら、「自分は悪くない=世の中が悪い」タイプの人は、自分への信頼や肯定はしっかりしているので、フットワークが軽くバイタリティーがある方も多いからです。

行動にエネルギーを注ぐことで、全体の比重を変えて、思考が極端になることを変えるという方法のほうが、結果に結びつきやすいと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加