まずは、簡単ではないが難しすぎない「3ヶ月」くらいの目標設定を。

最初から大きな目標を掲げるよりも、小さめの目標を掲げて「まずは、それを達成してから次の目標に移っていく」ほうが、モチベーションの維持が楽です。

ゴールが遠すぎると、日々の積み重ねで「ゴールに近づいている実感が少ない」ので、意欲が続かなくなってしまうこともあります。

特に、新しいとりくみをスタートさせる場合には、小さい目標から掲げていくのがあっていると思います。

ゴールが遠いと、モチベーションが維持しにくい。

大きな目標のほうが、一時的な気分の「盛り上がり」には役立ちます。

けれど、その分ゴールが遠くなり、時間がたくさんかかますよね。長くなるほど、やる気を「維持し続けること」が大変になります。

がんばってもがんばっても、ゴールに近づいた実感がわかない(ほどに目標設定が多いところにある)と、しだいにやる気が薄れてしまうものではないでしょうか。

最初は、やる気が後押ししてくれても、その勢いはずっと続くものではないですから。

まずは、3ヶ月くらいでできることを。

がんばった分だけ、「この点が、このように変わってゴールに近づいたな」と何かの実感があれば、それをまたやる気に繋げていけます。

遠いゴールだとそれが感じにくいので、最初の目標設定は「小さめ」にするほうが続けやすいです。

そうはいっても、大人が自分で目標を掲げて取り組む形式であれば、あまりに簡単すぎても。別の意味でやる気がでなくなってしまいます。

だいたい「3日では達成できないが、3ヶ月あればなんとかやれそうなこと」を、ひとつの目安としてみるといいでしょう。

そのくらいの期間でできそうな規模の事柄を選ぶと、長すぎて飽きてしまうこともなく、簡単すぎてやる気が薄れるということもなく、ちょうどいいのではないでしょうか。

最初の段階では、このくらいがいいのです。

そして最初の目標を達成できたら、それをさらに増やしたり、深めたり、応用して次の段階に進んでいくという、二段階でとりくみをしてみるのもよいでしょう。

そこからは、ちょっと長めの目標をもつことも、いいと思います。

慣れてくると、モチベーションの維持の仕方もコツがわかってきますからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加