相談できる相手が、家族を含めて3人いるとしたら、とてもありがたいこと。

中高生の女子同士は、好きなこと、嫌いなこと、悩みごとから、どうでもいい話題まで、何でも話し合って、そうして人間関係を作っていきます。

そのくらいの年齢は、自分が話す内容に責任などがないですから、思うとおりの話題を展開して、気ままでいられます。

しかし、年齢を重ねていくと、だんだんと本音を言う機会は少なくなるものです。

置かれている環境の共通点が減ってきて、個人差が大きくなってくるのと、自分の発言に責任をもたなければいけなくなることなどが、関係すると思われます。

そんな状況の中で、大人になってもなお、身近なところに3人くらい、ときどき本音を言いあって、相談したり、支え合ったりできる間柄の人がいれば、気持ちが安定していくだろうなと思います。

深い話ができる相手は、限定される。

自分の悩みを話すというのは、つまりは、弱いところをさらけ出すことでもあるので、ある程度は深い付き合いができる相手に限定されてしまいます。

そうなると、せいぜい3人か、5人か・・・、多くてもそのくらいの人数になるのではないでしょうか。

家族等を含めて、そういう対象が3人いれば、どのような内容の困りごとにも、そのうちの誰かひとりくらいは、気の利いた回答をしてくれる可能性が高いと思います。

1人、2人だと、その関係が近いほど、価値観も似ているために答えが偏ることがあります。しかし、3人となれば、いくら近い関係性であっても、それなりに答えにバリエーションがでます。

そのまま参考にできるようなズバリの回答にはならなくても、ヒントは得られることが期待できます。また、「世の中には、いろんな見方をする人がいるな」とか、「自分の考え方がすべてではないのだな」ということが、納得しやすくもなるでしょうね。

何度も話すことで、論点が明確になる。

相談する回数が増えると、「相手へ説明して聞かせるための、話し方がうまく」なります。

話し方がうまくなるということは、それだけ、自分の中で相手に伝えたいことが明確になっていく、ということです。

自分が相談する場面で、相手に伝えたいこととは、「どうだろうかと、たずねること」ですから、つまり「自分が知りたいこと」ですよね。

たとえば「自分の姿勢は、これでいいだろうか」という相談をしているとします。初回は、うまく話題をまとめられずに、伝えたいことを言葉にできない経験をするかもしれません。

しかし、2回目、3回目と繰り返していくと、話のまとめ方もうまくなり、論点が明確な伝え方ができるようになり、「自分の姿勢は、自分では正しいと思っているけれども、他の人からみたらどう見えるか意見がほしい」というように、より具体的な伝え方ができるようになります。

そうした段階になると、話しているうちに考えが整理されていき、自分の中で自然と答えが定まることもあります。

何度も話しているうちに、輪郭がぼんやりしていた悩みが、はっきりした悩みになっていき、思考が整理されていくので、自力での気づきも大きくなるのです。

相談できる相手が複数いることの、ありがたさ。

大人が、自分の弱みに関連する内容の相談ができる相手は、限られてきます。

そういう相手を、ひとり得ることすらも簡単ではないです。大人の人間関係は、それぞれの責任もありますし、利害もありますからね。

そうした話ができる相手が、家族を含めてでも、複数いるなら、それはとてもありがたく、恵まれていることと言えるでしょう。

相談相手を3人持っておくのは、難しいこと。

悩みを話せる相手が3人というのは、かなり難しい数字です。友達の数が3人とは違いますからね。

家族との関係が良好であれば、まずは、家族に話してみることからスタートするのもいいでしょう。そうして、相談することで、思考が整理される経験をしてみると、「話すことが、自分に及ぼす作用」の価値がわかります。

相談相手は、プロの人でもいいと思うのですよね。たとえばカウンセラーさんとか。身近なところで、自分の内面を話すことに抵抗がある場合は、むしろプロの人のほうが、支えになることもあるかもしれませんから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加