他人に作業をまかせることが苦手な、完璧主義の人。

一日は24時間で、身体はひとつである以上、なんでも自力でやろうとしても限度があります。

どんなに能力が高くて、作業が早く、同時にいくつもの事柄を推し進めていける人でも、上限をこえて作業をこなすことはできません。

たくさんのことをやろうと思ったら、作業を他人に任せるという割り切りが必要になります。

完璧主義な人は、すべてを自分でやりたがる。

他人に任せるということは、労力的には分担して楽になるようでも、管理する負担や、やりとりの手間は増えてしまうことになります。

自力が大きくて完璧主義な人は、そういうことを遠回りに感じてしまうものです。

すべてをチェックして質を上げたいと思ってしまうため、目の届く範囲で作業を完結させようとします。

他力の価値がわからないわけではないのだけれども、自分でやったほうが想定外が少ないという点にもっと高い価値があると思ってしまいます。

そうなると、どこまでもおわりなく忙しくなる上に、すべてが一人に降りかかりますから、作業が円滑に進みませんね。

そういうことを何度か経験したら、考え方を変えて柔軟になってみるという「勇気」も必要です。

どこを任せるか、という判断が大切。

他人に任せるといっても、何もかもをお願いする必要はないので、どうしても自分でなければできないところは手元に残し、そうでないことを割り振ればいいのですから気持ちを楽にして取り組みましょう。

いままですべてを自分でやっていた人にとって、そのうちの「どの部分をお願いするか」という判断は難しいものです。

いくつか段階を経ていくといいです。まずは「自分が行っても、他人に任せても、精度がそんなに変わらないようなこと」を、自分から切り離します。

まったく同じにできなくても、そんなに大きな違いはないなら任せてお願いしよう、と気持ちの上で割り切りやすいからです。

この段階では、そんなに楽にはなりませんね。自力が大きい人にとって、「誰がやってもできることは、とても簡単にできること」ですから。しかし、そうして慣れておくことが、さらに先の何かに繋がるものなので、まずは最初の一歩としてやってみることです。

できるのに(自分が)やらないことが怠けに思えたり、できるのに(他人に)任せることが無駄に思えたりしてしまうかもしれませんが、そうして作業を切り離していくほうが、時間や労力の余裕がつくられ、全体の「質」が上がる場合もあります。

そして、自分にしかできないこと、自分と他人では仕上がりに格段の差がついてしまうことに、費やしていくための時間と労力を確保していくようにします。いい仕事をするためには、そういう割り切りもとても大切なことです。

誰に、任せるかという選択。

他人に任せるといっても、誰でもいいわけではないので、信頼の置ける仕事をしてくれる相手を見つけていくことです。

この作業なら山田さん、あの作業なら田中さんというふうに、仕事の質が高い人や、知識をもっている人を探すためのアンテナをはっておくことですね。

全体をひとりで作業をする場合の質は、(自分のことなら)自分が一番であっても、ある範囲の一部分においては、その分野のスペシャリストに任せるほうが質が高いものに仕上がることは多いですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加