感情をためてしまうと、内側で「重さ」が生じてネガティブになる。

意外に思えるかもしれませんが、「感情というエネルギー」は種類がいろいろあるようでいて、根っこは繋がっている「同じもの」です。

喜びも、怒りも、イライラも、すべて「感情」の表れ方の違いに過ぎず、「同じエネルギーを使った反応」の形です。

出さずにためてしまうと、重さが生じてネガティブになる。

感情というものに、良いも悪いもありません。ただ、その感情を出すにふさわしい場面とか、出しても問題のない状況や相手というものはあり、ふさわしくない出し方をしてしまうと、何らかの不調和があらわれます。

たとえば、不満や怒りを大きく出し過ぎて、その場が気まずくなったり、信頼関係がなくなったり、特定の相手との間がこじれたりすることもあります。喜びや嬉しさの感情であっても、それを出すべきでない場面なら、やはり同様のことが起こる場合があります。

感情を出すことが悪いのではなく、感情の出し方がまずいと問題になるというだけなのですが、そうした使い分けがうまくいかずに失敗した経験を重ねると、感情を出すことが怖くなります。

そうして出しても問題のない感情までも、表現せずに抑えたり、内にためたりするのが積み重なると、だんだんと「重さ」が生じます。重くなると、ネガティブな方向に発揮されやすくなり、怒りやイライラを誘発します。特定の原因がなにもなくても、怒りがわきやすくなり、心のバランスが保ちにくくなります。

感情は、適度に外に出していくことが大事。

ためてしまうと重くなり、ネガティブになるのですから、適度に外に出していけたら問題は起こりませんね。すべての感情は、同じエネルギーの別の表れですから、望ましい形で外に放っていけばいいということになります。

感情を適度に表現できる人は、内にたまって滞ることがないので、エネルギーを軽いまま表現することができます。そうすると、ネガティブな表れになりにくいです。

感情の経路も、適度に使って、流れがいい状態にしておくことが大事なんですね。

感情的になって失敗したことがある人は、「出さないようにしよう」と気配りをすることが多いと思いますが、出さずにためてしまっても重くなりますから、「出さないようにするのではなく、出し方を考慮すればいい」ということです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加