オーラ透視者が、オーラを通して把握できることの範囲とは。

人の身体のまわりには、オーラとよばれる、スピリチュアルなエネルギーがあり、オーラのようすには、その人自身があらわれています。

この、オーラというエネルギーを、通常は、視覚にとらえることはできませんが、世の中のごく一部、このエネルギーが「みえる」性質を備えている人がいます。

特に、ミディアムなどの、霊能力を使った活動や仕事をしている人は、オーラが見える人が多いですね。

そのため、霊能力をつかったセッションでは、オーラが何色であるとか、オーラの状態がどうなっているということが、よく話題になります。

けれど、オーラ透視者が把握できるのは、全体のうちのごく一部分なのです。どれほどにオーラ透視のセンスが高い人でも、オーラのすべてを把握することはできません。

オーラのようすは、その人自身を反映しています。人とは、肉体であり、霊でもあるという複雑さを有していますから、オーラのようすもまた複雑です。

そのうちの、どの部分がみえるかというのは、「霊能者やオーラ透視者が、備えているセンスの種類」と関連してきます。

たとえば、ある人は「体調のオーラをとらえることが得意」で、また別の人は「性格や性質をあらわすオーラをとらえるのが得意」であるなど、その人によって、見え方や、把握できる範囲には個人差があります。

私にオーラ透視を指導してくださった方は、オーラ全般の把握が得意な方で、特に、オーラのようすから、その方の状態を把握することが上手でした。

私自身は、オーラを通した本質的な要素の把握が得意で、状態の把握はその方ほどにはうまくできません。(状態の把握は、オーラ透視ではない、別の方法で把握しています)。

こうした違いがそれぞれあるので、「オーラを通して、どんなことがわかるか」は、オーラ透視者に備わっている得意分野によります。

たとえるなら、理系と文系、運動が得意、暗記は苦手、いうような、性質の差のようなものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加