やめたいのに、やめられないときは、「入れ換え」の行動を考えていく。

自分の行動や考え方について、「やめたいこと」があっても、なかなか切り換えられないときは、「やめた後の、入れ換えの行動」を、あわせて考えていくといいでしょう。

「やめる」という考え方や行動よりも、「Aという行動をやめて、Bという行動に入れ換える」ほうがスムーズに変化をつけられます。

代わりとなる選択肢を、あわせて考えていく。

たとえば食習慣について、「栄養的に偏るので、お昼にめん類ばかり食べてしまうのをやめたい」とします。しかし、お昼を抜くということではないので、これまでのめん類の代わりに「何か」を食べますよね。

ならば、「めん類をばかり食べるのをやめる」と考えるのではなく、

「めん類ばかり食べることはやめて、かわりに、幕の内弁当にしてみよう」というふうに、入れ換えの行動もあわせて考えていようにします。

「やめたい」「やめよう」ばかりに意識が向かうと、結局はそのことばかりに意識がむかいます。

食べたい気持ちでも、食べるのをやめたい気持ちでも、そのこと単体だけを考えてしまうなら、どちらにしても、意識が向かう先が「お昼はめん類」になります笑。そうして、ずっと考え続けてしまえば、なかなか切り換えられないです。

よりよいことに、移行する(切り換える)行動を。

やめようとするときには、そこに何か理由があるはずです。

たとえば金銭面の負担だとか、自分のためにならないとか、ストレスが大きいとか。

そうしたやめる目的(理由)を満たすことを、新しい選択肢の中に含めていけば、移行がしやすくなります。

新しい行動のほうが、金銭面の負担が小さくなるとか、自由な時間が増えるとか、ストレスが小さくなって楽になるという選択肢へ移行させるように考えます。

上記のめん類のたとえなら、栄養のバランスがよくなる幕の内弁当に代えれば、健康増進に繋がりそうだから、というような、入れ換えの選択肢をうまく見つけていくことです。

抵抗感をなるべく小さくする。

続けていたことをやめるというのは、抵抗感がどうしてもでてくるものです。

習慣になっていることを崩すのは面倒になりますし、好きで続けていたものは内心はやめたくないですからね。

Aという行動をやめて、そのかわりに、もっと自分のためになるBという行動へ入れ換えていく、という切り換えにしていくと、抵抗感はいくらかは小さくなり、いくらかは移行しやすくなりますねよね。

そうして、習慣となっていることを、少しずつでも、緩めてみることです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加