年上の人から、年下の人へ、「良識のバトン」が手渡されていく。

「教えてもらえること」は、ありがたいことです。年齢を重ねるほどに、そうした機会が減っていきます。

たとえば、子どもの頃に、親のしつけがとても厳しかったとか、新入社員の頃に、上司が仕事の姿勢や礼儀にうるさかったという経験を持つ人は、その経験は(勿論、いいことばかりではなかっただろうことは承知の上で)とても価値あることを教わった「よい経験」だと受けとめましょう。

その厳しさには「役立つ良識」が含まれている。

多少の厳しさがあっても、常識や良識を教えてくれる目上の人は、貴重でありがたい存在であり、そういう人と関わって身についたことは、この先の人生でずっと役立つ、何にも変えられない財産となります。

仮に、その指摘した側の相手が、心からの優しさによる助言でなかったとしても、結果として自分に身についたことがあるなら、それは「よかった経験」ではないでしょうか。

事実として、相手の中にどのくらいの思いやりや親切心があったかいう点は、そんなに重要ではないと思います。

大事なことは、そうした学びの機会に遭遇することができ、「自分がそのことをどう受けとめて、何を学んだか」という点です。

そうした見方をしてみると、これまでの経験の中に、さまざまに「教わったこと」が見つかってきて、本当にありがたいと、感謝の思いで心が満ちていくものです。

順番にその役割を担う。

人はそうして順番に、目上の人から目下の人へ、良識というバトンを手渡していくように、役割をはたしていくもののようです。

この世という場所はそういうふうになっている、かつての経験をいかして、かつての自分(と同じ立場の誰か)を助けるかのように、やるべきことをやっていくようになっていると思います。

若いころにはわからなかったことが、年齢を重ねてわかるようになり、かつての先輩の気持ちや立場や思いが理解できるようになったら、「教える場面」が自然とめぐってきて、厳しさを含めて良識を伝えていくのでしょう。

過去の自分が、そうしてもらったように。

機会を与えられ、役割に気づき、自分がしてもらったことを、次の人にしてあげて手渡していく経験をすると、自分に手渡してくれた人の思いが、想像ができて、それもまた感慨深いものです。

「きっと、あのときの上司は、こんな気持ちだったのだろうな」と。

そうした、後を追いかけるような気づきも、学びなのでしょう。

私の守護霊がかつてこう言いました。「年齢を重ねてみて、はじめてわかることがある。若いころには見えぬ景色が、確かにあるのだ」と。

年々、その言葉の意味を、深く、実感しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加