黄緑のオーラ。

オーラという言葉には、いろいろな使われ方があります。必ずしも、スピリチュアルなエネルギーとしてのオーラを指しているとは限らず、雰囲気とか存在感の強さを「オーラあるね」と表現したりすることも。

同様に「オーラの色」についても、どの部分の、何をあらわす色のことなのか、使われ方によって意味がかわってきます。

性質をあらわすのは、頭の近くのオーラ。

スピリチュアル・リーディング(霊査)や、オーラ透視者によるオーラ・リーディングで、「その人の性質や性格等」をあらわすオーラの色を述べる場合は、頭の近く(または、頭の上のほう)にあらわれる色のことを言うのが一般的と思われます。

黄緑のオーラをもつ人は。

13896767 - a little girl has found a fairy

黄緑のオーラは、緑のオーラが示す、やさしさや平和を愛する気持ちと、黄色のオーラが示す、ユーモアのある雰囲気を併せ持った性質としてあらわれる色です。

誰にでも、笑顔を向けるような気遣いがあり、まわりの人に居心地の良さを感じさせることができます。

素直な性格で、競争や勝負などからは遠ざかって自分のペースで進みたい人です。集団の中で、自分が前面に出ていくより、一歩ひいているほうが楽と、考えてしまうこともあるかもしれません。そういう部分はちょっと、勿体ないところもあるような・・・。

また、個性や独自性を、外に向けて発揮しにくく(そういうことを好まない性格であることが多いので)、相手に強い印象を与えにくいところもあります。

自分自身をアピールするより、自分の技術や、自分の作品などの「自分を通した何か」のほうを、アピールすることを好む場合が多いですね。そのため、クリエイティブな職業や、サービス業についている場合もあるようです。

人づきあいが嫌いなわけではありません。むしろ、孤独は苦手で、人の顔色をうかがってしまうようなところもありますが、しかし、自分自身をアピールしたい性格ではないので、ちょっと遠慮がちにな言動が多くなります。

その場にいるだけで、周りの人を和ませる、明るく素直な雰囲気が特徴的です。さらに、「自分らしさ」「独自性」を出していこうという姿勢も、ほどよくもつのがいいでしょう。

オーラの色は、複数あります。

人は、多面性をもつ存在なので、備えている性質のあらわれであるオーラの色も、一色だけということはありません。複数の色を備えているものです。「黄緑のオーラの人」とか、「あなたのオーラは黄緑ですよ」という表現をするとしたら、「複数のうち、黄緑の比率が高い」ということを示しているものと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存