誰もが霊感を、日常の中で使っているもの。

人は、「身体という物質を伴う、霊的な存在である」というふうに、スピリチュアリズムでは解釈していきます(身体の中に霊がある・・・のではなく、霊が主軸であり、霊が身体を伴っている、ということです)。

実は、人は皆「霊」であるので、霊感という感性を備えていて、必要に応じて、日常の中で霊感を使って過ごしています。ほとんどの場合、無意識で自然とそうしているものです。

霊感の備わり方には、個人差がある。

10405642 - a white buck unicorn's horn has a beautiful pink glow.
身体の性質が人それぞれであるように、霊としての性質もそれぞれなので、霊感の備わり方には個人差があります。

大きく備わっている人も、小さく備わっている人もいます。大きくそなわっていても、まったく自覚がない人もいますし、霊感というものの存在を否定している人も少なくないですね笑。

霊が見える等の、認識しやすい形であれば別ですが、そうではない備わり方だと、あらためて自覚する機会はないでしょうから、霊感を霊感と思わないまま過ごしている人は多いのでしょう。過去の私自身もそうでした。

霊感は、すべての人に備わっているという点は共通していて、しかし備わり方にも、あらわれ方にも、人によってかなりの違いがあるものなのです。

予感も、広い意味では霊感の一部。

霊感という言葉から連想されるのは、たとえば霊の姿が見えるとか、声が聞こえるという現象かと思いますが、それは霊感という幅広いものの一部であり、広い意味では、予感や直感などといわれる感覚も、霊感のあらわれであると、ととらえることもできます。

そうした感覚を無意識に働かせて、危機回避をしたり、自分の人生をうまく運ばせる選択をしていたり、いろんな形で霊感は使われています。

予感が正しくても、認識されないことは多々ある。

たとえば旅先での食事で、ある一品になんとなく嫌な感覚がして、「食べないほうがいいだろうと思い、手をつけなかった」とします。事実としての根拠(色や匂いから、古いと思った等の)がなくても、なんとなくそう感じることはあるものです。

そして食べないという選択をとって、その後に何も起こらなかった場合、・・・何も起こっていないので印象に残りませんね。実際にそれを食べていたとしたらどうなっていたかという仮定は、その食べ物を検査でもしない限り、把握しようがなく、こういうことの大部分はそのまま忘れてしまいます。

「食べないほうがいいかなと思いながらも、つい食べてしまい、案の定、お腹の調子が・・・」となれば、「やっぱり!」とわかりますが笑、回避しているケースは、実際のところがわかりにくいので、何もなければそのまま記憶が過去になってしまうものではないでしょうか。

霊感というものは、本来は、当たったとかそうでないとかの○×で定義できるようなわかりやすいものばかりではありません。簡単には説明できないような深さと広さがあるものです。

しかし、上記のようなケースなら、わりと単純に○×で計れるようにも思われますが、しかし、そうした狭い範囲の物理的な事柄であっても、「未然に防いでいる、回避している」という予感的なあらわれの場合は、回避してしまえば何も出来事が起こらないので、当たったとわかりません。

実は、こうした予感的センスが強い人ほど、回避ができて、結果として何も起こらないので、霊感のあらわれが視覚を伴う場合とくらべて、優れているのにわかりにくい、まったく自覚していない・・・どころか、霊感やスピリチュアルを全否定しているケースも意外とあるものです。

必要な場面で、自然と発揮されているもの。

誰にも必ず、霊的な感性は備わっていますから、そうと意識されていないだけで、日常のいろんな場面で必要に応じて霊感は使われています。それで役立ったり、得をしたりしてしますし、不要なことを回避することもなされているはずです。・・・しかし、それがわかりやすく認識される形ばかりではない、ということですね。

意識しようとしまいと、自覚があろうとそうでなかろうと、その人に備わっている霊感という感性の幅の中で、必要に応じて使われていくので、あえて複雑に考え過ぎなくても十分ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加