今回の人生での「過去の経験」は、役立つ情報の宝庫です。

39638551 - fantasy landscape inthe ocean with pier and fairy
私が提供しているメニューの中で、前世についてお伝えする「前世リーディング」は、多くの方にご利用いただいている人気メニューです。

誰もが、何度もこの世に生まれてきて、状況や環境を変えバリエーションをつけ、さまざまな学びを重ねています。それぞれの人生には個別の学びがありますから、ひとつとしてまったく同じものはありません。

けれど、それでも大元の「たましい」は共通していますので、過去の人生の様子を知ることで、現在の自分にいかせるようなヒントを得たい、というお考えと思われます。

たしかに、前世の様子、考え方や、行動の仕方などに共通点がみられることは多く、参考になることが見つかることは珍しくありません。

けれど、現在の自分と繋がっている過去は、「前世」だけに限らず、「今回の人世の過去」も同様です。

今回の人生での、4年前、5年前の経験の中にも、現在の自と同じ部分が含まれていて、そちらのほうが「近い過去」であるので、現実的なヒントはたくさん含まれています。

それでも、皆さんが「前世」から参考になることを知りたいと思うのは、今とまったく環境や状況が違う人生のほうが、距離がある分、「客観視ができてわかりやすい」というのがあるのでしょうね。それはわかる気がします。

ですが、「現在にいかせるヒントを、より具体的に見つける目的」となれば、遠い昔で、立場も状況もまったく違う前世よりも、近い過去で、さまざまな要素が共通している「今回の人生での過去」のほうが、やはり近道なのです。

前世では、自分の置かれている状況も、世の中の様子も違いますから、いかすためにはかなり幅をもたせて、解釈の結びつけをしたり、深読みしたり?しないと当てはまらないことが多々あります。しかし、今世での過去は、近い自分の経験ですから、そのままストレートに参考になることが多いです。

これまでの経験をふりかえって、楽しかったことや、うまくできたことや、失敗したことや、あと少したりなかったことなど、あらゆることの中に、役立つヒントが含まれています。

「5年前の過去に、うまくできたこと」は、自分の「得意」が含まれていて、今もうまくできる可能性は高いですし、「4年前に、あと少したりなくて結果に繋がらなかった」ことも、今の成長した自分なら、その「少し」をクリアできるかもしれないというふうに、比較しながら考えていけます。今回の人生での「過去の経験」は、役立つ情報の宝庫です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加