古いたましいの人は、ものごとにクールになってしまうことがある。

人は、この世で何度も生まれ変わって、いろんなパターンの人生を経験するという学びを重ねています。

17831979 - lady
そうした生まれ変わりの「回数」や、経験している「延べ年数」多い、古いたましいの人は、ものごとに対して「全般的にクールになりすぎる」傾向がみられます。

違う言い方をすれば「熱くなれない」のです。

なにしろ、これまでの人生で、いろんな経験を重ねていて、今回の人生の上面的な記憶としては、それらを認識しているわけではないですが、

たましいの観点からいえば、ほとんどの事柄は「まったく同じではないにしろ、共通要素のあることは何かしら経験している」ことが多く、新鮮さからの楽しさが長続きしにくいのです。

このことをすれば、結果はきっと、こうなるだろうなと想像ができるので、失敗しにくいという、得な部分もあるのですけれどね。しかし、想像できてしまうことは、熱くなれないのも確かです。

それは、飽きるのとも、関心をなくすのとも違って、「低め安定になりやすい」とでもいえばいいのでしょうか、「他の人たちのように、遊びなどを心から楽しめない」という悩みを抱えてしまう場合もあるようです。

そういう方は、「ドキドキワクワクのような、シンプルに楽しい感情」は味わいにくいのだけれど、「深くかみしめるように、味わい楽しむ」という方向に意識をもっていくといいと思います。玄人っぽい楽しさを、探してみてはどうでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加