守護霊の容姿と、ご本人の容姿が、似ているケースもあります。

守護霊という、私たちを導いてくれる役割のスピリットがいます。守護霊は、(血縁の関係である)先祖霊とは別ですので、日本人のスピリットとは限らず、外国人のスピリットである場合もよくあります。

雰囲気も容姿も、共通しているものが見られます。

18869171 - an elven princess with a silver carafe in their hands

日本人のご依頼者さんの守護霊が、フランス人やアメリカ人である場合も多々あります。

フランス人というのは、そのスピリットが人として過ごした時代の姿がそれだった、という意味ですね。

ですが、時代がまったく違い、国も違い、性別も違っても、雰囲気も含めた「見た目」というか「容姿全体」が、「ご本人とよく似ている」ケースがあるのが、なんとも不思議です。

不思議ですが・・・、同時に納得もできるんですよね。「この方の守護霊さんだから、こういう雰囲気と容姿なんだろうな・・・」と合点がいくというか。

(大元の)エネルギーから、形が作られている。

守護霊と自分自身は、グループソウルとよばれる、たましいの大元が同じであるので、近い雰囲気を感じさせるのは当然としても、見た目もなんとなく共通点があるのは興味深いです。

たましいの親和性が高いと、そこから派生する、さまざまな要素に共通点があり、それは容姿にも当てはまるということなのでしょうね。形というのは、エネルギーから作られるものなんだなあということが、このしくみからもよくわかります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加