はじめて会ったのに、なぜか「懐かしい」のは前世の関係かもしれません。

今世で関わりをもった相手とは、とても広い意味でいえば、前世でも関わっている可能性があります。

しかし、親しかったとは限りません。それこそ、存在を知っている程度、すれ違っただけというくらいの関係だったかもしれませんが、たくさんの前世での関係が、今回の人生の出会いをつくっている部分は大きいのです。

とても不思議ですが、人との関わりとは、そうした繋がりが存在しているようなのです。

ほとんどの人と、とても広い意味でいえば、という前置きがつきますが・・・、幾らかは過去の関わりがありますから、「自分と相手とが、前世で出会っているか否か」は、あまり気にしなくてもいいことであり、気にしても・・・、そこに(期待しているような)スペシャルな意味は見つからないかもしれません。

なぜなら、学びのための関係に含まれる意味や意義は、前世だけが起因しているのではないからです。前世ではさほど親しくない関係でも、今世では、深い関わりがつくられることもありますから、前世と今世のそれは、あまり結びつけて考えてしまわないほうが、理解が早い場合も多いのですよね。

しかし、そうはいっても、前世で深い関係があった人同士であれば、今回の人生でも、お互いに親しみを感じやすかったり、はじめてあった気がしないという感覚になりやすいとは言えます。

実際に、たましいの領域では「よく知っている」間柄でしょうからね。たとえば、前世で家族だったとか、親戚だったとか、仲間だったという過去がある場合などは、そういう感覚をお互いに覚えることもあるでしょう。

はじめてあったのに「懐かしさ」がある、短期間でわかり合えるのは、きっと過去の経験がベースにある「続き」のような関わり(という学び)だからかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加