オーラの色と、自分の好きな色の関連性はあるのか。

オーラの色をお伝えした方から、ときどき聞かれることに「自分のオーラの色は緑で、緑は私が大好きな色でした。オーラの色=好きな色という共通性はありますか?」というご質問があります。

好きな色とオーラの色は、それほど関連しない。

結論からいうと、好きな色とオーラの色には、それほどの関連性はないです。そのことが当てはまるケースもあれば、そうでないケースもあります。

しかし、好きではない色がオーラの色になっても、特に繋がりの意味を見いだすことはないので(当然そういうものですよね)、好きな色と同じだったケースのみ目立つだけと思われます。

色は、エネルギーそのもの。

物にあらわれる色とは、エネルギーそのものと言えます。

エネルギーの性質が色として表れているものを、たとえば花の色だったり、空の色だったりというふうに、私たちは見ていることになります。

ある人のオーラが緑だとすると、緑は「その人の性質を表している色」なので、その人にとって馴染みやすいエネルギーであることは確かです。

ある意味「合っているエネルギー」ですから、自分に馴染みやすいものを好む人には「緑が好き」と感じるので、好きな色とオーラの色が揃っているという現象となります。

けれど、そういう馴染みやすいエネルギー(が、表れた色)を、本人が好むとは限らず個人差があるので、好きな色とは共通していないケースもあり得ます。

広い意味で、好きな色は増えていくもの。

また、子どもの頃は、「自分は、この色が好き、あの色は嫌い」というふうに嫌いな色がはっきり存在したりしますが、大人になると、嫌いな色というのは多くないと思うのです。

「好きとはいわないが、嫌いというわけでも・・・」という、許容範囲が広くなるものではないでしょうか。

そうすると、たまたまお伝えした数色が、嫌いな色である確率は低くなり、広い意味で、好きな色~嫌いではない色の範囲である確率は、高くなります。

そのように考えると、オーラの色が、自分の好きな色と重なっているケースがいくつもあるとしても、「オーラの色と、好きな色が揃っているという規則性」とまでは言い切れないのです。

だから定義が難しいのですが・・・、好きな色とオーラの色は揃っているものか?という質問に対する答えは「NOとは、言い切れない」のです。しかし、それがYESである、イコールであると言い切れるほどの規則性でもない、ということになります。

自分に備わっているものを、いかす生き方を。

大事なのは色が何色かという点ではなく(それは自分の性質が色として置き換えられて表れているだけなので)、その表れから、自分について再認識して、自分をいかしていく生き方をすることです。

自分についてわかっていることでも、改めて文章化されたものを読んだり、話し言葉として耳で聞いたりすると、いつもと違う気づきがあるものですから、そうした活かし方をしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加