よく身につけている洋服の色が、オーラに少し反映することも。

「その人が、頻繁に身につけている色が、オーラの色に反映する」ことがあります。そんなに大きな作用ではないですが、反映の仕方としては「若干」ですけれどね。

18810517 - blossom girl

色はエネルギーそのものであり、作用しますから、その色というエネルギーに触れる機会が多くなると、オーラに反映していくことは不思議ではありません。

「自分の好きな色と、オーラの色は共通しているものか?」と、ときどきご質問をうけるのですが、関連性がゼロとまではいいませんが、しかし、共通していると定義できるほどの関連性は見られません。

オーラの様子は、基本的には自分自身の反映ですが、しかし、オーラは受信器としての役割もはたしますので、外からの影響もうけていきます。

洋服などで、よく身につけている色は、好きな色であることが多いでしょうから、そうした外からの反映でオーラに加わっている色があれば、「好きな色=オーラの色という共通性があるかのように、言えなくもない」状態がつくられます。

オーラは発信器でもあり受信器でもあるので、内の要素を放つ役割もあり、外の要素をうけとる働きもあります。

外からの影響をうけやすい、そうでないという度合いの差があり、影響をうけやすい人のほうが、洋服の色などがオーラに反映しやすいようです。繊細な人、エネルギーに敏感な人などもそういう傾向がよくみられます。

しかし、(当然のことですが)その人自身の根本的な性質を丸ごと変えるほどの作用が外からくるわけではないですから・・・外からの反映の度合いは限定的です。若干、ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加