スピリチュアリズムを遵守することが、人生の目的ではない。

スピリチュアリズムとは、霊的な「しくみ」のことです。霊的な観点からすると、このようになっているという構造を解説しているものです。

この世の事象にたとえるならば、「ずっと夜のままとはならず、時間の経過で朝がくる」ように、「夏の次は、秋である」ように、そういうふうになっているという、ものごとの成り立ちや構造について、霊的な観点から解説しているのがスピリチュアリズムです。

しくみを知れば、効率よく動いていける。

霊的なしくみは、そのことを自分が意識しようとしまいと、起こっていきますし、作用していきます。まさしく、夜はいつか、朝になっていくように、です。

しかし、「夜はずっとは続かずに、いつかは朝になる」と、しくみをわかっていれば、「夜の暗い時間に行動するより、少しまって明るい時間に行動するほうが安全だ」というふうに、しくみにあわせた動きができます。

そういう意味で、知っていることは、人生を充実させていくと言えます。

けれど、こだわりすぎても、人がこの世にやってきて、たましいの学びをするという目的から軸がずれてしまいます。

スピリチュアリズムに沿うことが、目的ではない。

スピリチュアリズムに従って、人はこうある「べき」、こうあら「ねばならない」というふうに、スピリチュアリズムありきになってしまうのは、

たとえるなら、「交通ルールを守るために、車にのる」とか、「車に乗ることで、交通ルールを身につけていける」というような、ルールを守るために行動をするような「ねじれ」がある解釈です。

人が、この世で過ごす学びの目的は、人生という経験を通して、それぞれがつかんでいくものですので一律の定義はありません。

すべての人の学びの根底に、スピリチュアリズムという真理のしくみが存在することは確かですが、しかし、それが目的のすべてではないです(といっても、目的の一部だという意味でもないです)。

人生という現実をとおして学ぶことが、理解を深める。

スピリチュアリズムを、突き詰めようとしすぎても、(理解しきれない部分はどうしてもでてくるので、突き詰めようと頑張りすぎると、むしろ)偏ることもあるんですよね。

スピリチュアリズムは、それ単体でとらえようとしてしまうと、曲解になってしまうことが多いです。そういうふうな理解の仕方はむしろ、難しい取り組みとなります。

これらは、現時点の人生(生活)を通して、とらえていくことが、一番わかりやすい学びの方法なのです。事実としての事柄より、霊的なそれが優先するものではありません。

それらは、入れ子構造となっている「全体と部分として、繋がっているひとつの事柄」ですから、わけてとらえようとすると、むしろわからなくなってしまうものなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加