思う力が強い人は、「目力」という印象になることもある。

思うという行為をしたときに、外に向かって放たれるエネルギーがあるのですが、その放ち方が強い人がいます。「思う力が強い人」という表現をすることもあります。これは、「思考が得意な人」とは違います。念力が強い人、という言い方が近いですかね。

ひたいの付近に、特徴があらわれる。

そうした特徴は、ひたいの付近のオーラによくあらわれます。エネルギーがとても集まっていて、その部分が目立って明るいか、またはエネルギーが「濃い」ようにも思えます。

一般的に、そういう人の与える印象として「目力の強さ」を感じさせる場合も多いようですね。

厳密には、ひたいのところのエネルギーの集まり具合や、放たれ方としてのあらわれで、目からでているエネルギーとは違うのだけれども、

両者の位置が近いことと、額よりも目のほうが、ぱっと見たときのインパクトがあるので、

そうしたエネルギーをなんとなくキャッチできる感性の鋭い方が、「この独特な雰囲気は、この方の目力によるもの」と解釈されることが多いのだろうと思います。

目力が強い人がすべて、思う力が強いとは限らないけれど(上記のとおり,厳密にいえば別のものなので)、その人が放つものが強いという共通点はありますね。

余談ですが。

そして、その人を見ている側の、「あの人は目力が強いね」という印象を他人に抱く人は、おそらくは、見分けるセンスとか受け取るセンスが高いのだろうなと思います。物理的な造形とは別の「何か」をキャッチできている、ということですから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存