慣れているもの中に、素晴らしいものがたくさんあります。

どんなに素晴らしい景色も、繰り返し見ることになれば、時間とともに、当初の新鮮さはなくなります。慣れるということは、そういうことです。

皆がうらやましがる立場になっても、かつての自分が心から望んだ環境を手に入れても、達成してしまえば、自分にとっての日常にとけこんで、やはり新鮮さはなくなり、刺激を感じさせてはくれなくなります。

人生において、ときどき、新鮮さという「刺激」は必要であり効果的で、

そういう力が、前に進むための後押しになったり、目的意識を支えたりします。

しかし、刺激は「ときどき」だから良いのであって、いつも刺激を得るとしたら、常に新しいもいのを求め続けて入れ換え続けることとなり、

いつまでも安定しないまま、忙しないままとなります。

当初のような刺激が感じられないという理由で、「自分が」その価値を忘れてしまっているだけで、本当は素晴らしい価値のあるものが、自分の周囲にはたくさんあるかもしれません。

そういうことは、自分が「そういう意識で、探そうとしてみないと、なかなか気がつかない」ものです。

今日という日のどこかで、このことを考える時間をとり、慣れているものの中から素晴らしいものを探してみてください。

その行為は、きっと、あなたを幸せな気分で満たすでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加