5年前、10年前と、違う感覚でものごとを解釈しているのが「成長」の証し。

年齢を重ねていく中で、「人生とはこういうものなんだな」とか「世の中って、こうなっているんだな」と気づくことがあります。

同じものをみても、違う理解をしている自分にきづいたら、それが成長ですね。まだまだこの先も、理解の仕方は変わるでしょうから、この時点なりの理解だとしても、10年前とも、5年前とも違う感覚で人生や世の中をみていることに気づいたら、過去から成長した自分を褒めてあげてください。

経験が、理解を深くしてくれる。

若いうちは、分かったような気になっていても、実際は頭だけや理屈だけで、実感の伴わない浅い理解だったんだということが、その年齢なりにわかってくるもののようです。

そう考えると、すべての経験がありがたいものだと受けとめていけます。

たとえば人生の先輩たちが、かつての何も知らない自分に掛けてくれた言葉のひとつひとつが、しっかりと重みをもって感じられてくるようになります。

その全部が、好意的なものではなかったかもしれません。多少の嫌みや皮肉が混じっていたとしても、それでも、そのひと言がなければわからなかったことがあったり、それによって気づかされたり、違う形で後にいかされることなどもあるものです。

相手の好意的な見方は、嬉しくさせてくれるけれど、役立つとは限らず、逆に相手からすれば皮肉を込めた否定的な言動であっても、そのことが役立つ場合もあるわけで、

渦中にいるときはわからなくてもしばらくの時間が経過してみれば、そうした経験のすべてに価値があることが、わかるようになってくるものです。

若いうちには、見えない景色が確かにある。

かつて私の守護霊はこう言いました。「年齢を重ねてみて、はじめてわかることがある。若いうちには見えぬ景色が確かにある」と。本当に、そのとおりだなと思います。

ですが同時に、「若いうちは、わからなくていいことも確かにある」とも思うのです。若いうちならではの経験があるからこそ、年齢を重ねたことの変化(比較)が際立つのですから。

どの瞬間にも、学びがありそれぞれの意味があり、すべては繋がっていて「今」をしっかり生きていくことが大切だということでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加