新しい人間関係に、踏み出すのが怖いときは「波長の法則」を思い出す。

この世には、同じものが引き寄せ合うというしくみが存在します。

人間関係もそれは同様で、何かが共通している人、似たところがある人が自然と集まるようになっています。

つまり、この世のさまざまな場面で、関わりを持つことになる相手とは、何かしらの共通点があることになります。共通点がまったくゼロの人と関わりがつくられることはありません。

安心して、新しい関係に踏み出していく。

どのような間柄でも、必ず共通点はあるものですが、その中でも、似た部分が大きいほど、馴染みやすさを感じ、安心を与えあう関係になれます。

それはとても居心地のいいものであり、気楽でもあります。

また、付き合いが長くなると、だんだんと「似てくる」「わかりあうようになる」ために、やはり安心は大きくなり、気楽になります。

そういう安心感という落ち着きの中で生活をしていけるのは、とても恵まれていることなのだけれども、しかし馴染んだ環境の中でだけ過ごしていると、「落ち着きすぎてしまう」ことがあります。

また、新しいことや、フレッシュなことを「必要で、望ましいこと」と認識するアンテナも鈍ってしまいます。

そうしたバランスをとる意味でも、ときには、「違う人間関係」に踏み出してみるのも刺激があっていいものです。いつもと違う目線からの、違う感覚の会話や関わりが発生すると、「そういう考え方もあるのか!」という手ごたえがえられるものです。

大げさなことではなくても、たとえば、いつもと違うお店にいったり、いつもと違う場所に出掛けて、ちょっと挨拶を交わす程度でも、「エネルギーのやりとり」は行われます。簡単なことから、新しさを得てみるといいでしょう。

馴染んでいる、落ち着いた状況から、踏み出していくのは不安だという気持ちになったときは、「波長の法則」を思い出してみましょう。長く続いて馴染んでいる関係ほどの安心感にはならないとしても、この世のしくみとして、まったく共通要素がゼロの人とは、関わりがつくられません。知り合う人、関わる人は、必ずどこかが共通しているはずなのだから、まったくわかりあえない、などということにはなりません。そのように自分に言いきかせて、外にふみだしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加