人の周囲にみえる光は、残像なのか、オーラなのか。

オーラについてのご質問で、「人の周辺に、その人の形とほぼ同じような光らしきものが見えるが、それはオーラを見ているのだろうか?」というご質問をいただくことがあります。

こうしたご質問の意味とは、見えている「光みたいなもの」は、オーラなのか、それとも残像なのか、ということです。

答えとしては、「おそらくは、オーラのうちの、見えやすい一部分をみている可能性が高い」です。

オーラは7層あり、内側の層は身体にそっている。

オーラとは、体の周囲を取り巻くように放たれているエネルギーで、7つの層になっている、といわれています。

言われている、という表現になるのは、オーラ透視者によって解釈と見解に多少の幅があるからです。

オーラは、肉体に近いほうの層ほど見えやすく、外側にいくほど見えにくいものとなります。

オーラ視は、内側の層を見ることに限っていえば、それほど難しいものではなく、目の使い方、焦点の合わせ方のコツがわかれば、ほとんどの人が、視界にとらえることができます。

私はこれまでに多くの方に、見方のコツを指導しましたが、ほとんどの方がわかるようになりました。

外側の層は、透視的に見なければいけないので、これは、見方の工夫で見えるものとは違いますが、内側の層は、焦点の合わせ方で、見える場合が多いです。

7層のうちの、内側の1~3層あたりは、身体の形にそっていて、外へ向かう層ほど円形になっていくものと思ってください。

ということは、「人の周囲にある、人の形の光らしきもの」は、おそらくは、オーラの内側の層をみているのだと思います。さらにいうと、その見え方として、「残像的にオーラの一部分を、視野にとらえている」ということかな、と。

距離があるほうが(残像的に)見えやすい。

このように、残像的に視野に捉える場合は、その対象人物と、自分との距離が、ある程度開いていくほど見やすく、近いと見えにくいと思いますので(目の焦点の合わせ方の関係で)、たとえば、向こう側の駅のホームとか、教壇の前にいる先生とか、そういうシチュエーションのときに、よく見えるのではないかと思います。

また、バーバラ・ブレナンの「光の手」をお持ちのかたは、上巻のP102の図を見ると、内側に近い層ほど、体の形に沿っていますよね、こちらの図も理解の参考になるかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加