男性の集団は「目的」で、女性の集団は「思い」で繋がる。

個人差があるので、必ず当てはまるとはいえませんが、一般的には、男性同士の集団、女性同士の集団の「繋がり」となる要素には違いがみられます。

男性同士の集団は、「目的」で繋がっています。

たとえばスポーツの団体競技でもそうだし、会社という組織も、政治の団体などもそうですよね。男性は理性による判断の度合いが大きいからです。

男性の集団を率いたり維持したりしていくには、目的を明確にしてぶれないようにすればうまくいくと思います。

女性同士の集団は、「思い」で繋がっています。

共感する要素があることで、連帯感がつくられます。目的をもって集まっていても、だいたいは「思い」「感情」が絡んでくるようになります。女性は、感情を把握する能力が高いためです。

女性の集団は、目的意識だけでは維持が難しく、「思いを同じくしていける」というような方向性でいくと、うまくいくでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加