睡眠と呼吸は、セルフヒーリングの基本。

私は、「睡眠」と「呼吸」が、もっとも基本で簡易なセルフヒーリングだと思っています。

睡眠は、肉体的な疲れを取るためでもありますが、霊的にも意義が大きいです。呼吸も、生命を維持するために必要な動作であり、同時にスピリチュアル的にも、エネルギーをコントロールしたり、感じる力と関連していたりします。

この二つに働きかけをして、肉体と霊体のエネルギーバランスをとることができます。

日常に根ざしていることが、基本。

眠れないときというのは、気が上がりすぎていたり、ストレスがあったりで、幽体とのバランスが取れないときに起こりやすいものです。

呼吸も、緊張していたり焦っていたりするときは、浅くなりがちなことから分かるように、逆にいえば、深い呼吸をすることで、落ち着いて冷静になることができます。

睡眠と呼吸の状態が、望ましい形になっていれば、私たちの肉体や精神のバランスも、一定ラインは保っていられます。

どちらも、私たちが生きていく上で欠かせないものであり、日常に存在するものなので、状態の改善のためにとりくみがしやすい事柄です。

片仮名の○○ヒーリング法という名称がついている技法は、非日常な刺激もありますし、スピリチュアルに関心がある方には、人気だと思います。

そのほうが、いかにもやっている感がありますので、モチベーションが保ちやすいのはわかります。ですが、日常的な基本も大切です。睡眠と呼吸で状態がととのっているほうが、ヒーリングの技法も効果が高まるものと思います。

深い睡眠、深い呼吸。

睡眠は、お仕事で夜勤があったり、シフトで乱れる場合は別として、それ以外の方は、なるべく一定の時間に寝て、一定の時間に起きるというリズムを作り上げ、あまり遅い時間まで起きていないことも大切です。

そうしてリズムを作り上げて、深い眠りができると、霊的なエネルギーが寝ている間にチャージされて、元気になります。

呼吸は、エネルギーを動かすポンプのような役割もあります。深く呼吸ができると、力強くポンプを動かしているのと同じで、活力がめぐりやすくなります。

呼吸が浅くなるとエネルギーも回らなくなりがちなので、なるべく深い呼吸を意識すると、気持ちもそれにつれて大らかになり、不安感が薄れていくものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加