力を入れたり抜いたりしながら、進んでいくといい。

常に力いっぱい頑張るほうが、物事が前進していくような気がしてしまうものですが、実際には、力を入れすぎることで発生する遠回りやロスがあります。

ほどほどの力で進んでいれば、途中で方向転換が必要になっても、柔軟に対応することができますが、猛スピードで進んでいる状態での方向転換は、減速をしなければならないという「ひと手間」が掛かります。ときにそれは、急ブレーキを掛けるという「負担」にもなるかもしれません。

力いっぱい頑張って進むことがふさわしい時期もあります。

しかし、そういう時期は、人生のうちのほんの一部分であり、大部分は、周囲の様子をみながら、状況にあわせて進んでいくほうが、現実的に「進みやすい」のです。

一般的なイメージとしては、常に全力で取り組むことは、「理想的で望ましい姿勢」とされるため、夢中で頑張っているときほど、力を抜くことのメリットに目が向かなくなりますが、

ちょっとした意識の転換で、広がりがでたり、違う選択肢がでてきたりするものです。

力を込めるところと、抜くところと、使い分けをしていくようにしましょう。

ときには、やってくる流れにまかせましょう。

その方が、長い目でみれば、順調に前に進んでいけるものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加