組み合わせ、結びつけるセンスを発揮できる分野と条件を知る。

ある経験と、また別の(関連しない)経験を、うまく組み合わせていき、違う形で成果を作り上げることが上手な人がいます。

普通の人ならあまり思いつかないような、斬新で面白い方法を編み出したり、定番とされる方法とは、ひと味違うもの、ひとひねりが効いたものをクリエイトできます。

そういう方は、「結びつけるセンスが高い」とも言い換えられます。

長所として発揮されると、上記のように斬新で効果的な組み合わせを考え出します。

逆に、短所として発揮されると、まったく無関係のものを無理やりに結びつける「こじつけ」の解釈を、いとも簡単にしてしまいます。

誰もが「得意パターンを、無意識で使ってしまう」ので、そうしたあてはめが起こってしまうことがあるのです。

特定の事柄にそれが高いレベルで発揮できたとしても、対象が変われば適性も変わります。扱う事柄の分野によって、うまくできる度合いも変わってくるものなので、

自分がよいアイデアを発揮できる、結びつけを上手に行える分野、それができる条件はどんなことか、ということを過去の経験を分析してつかんでおくと役立ちますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加