人は皆、広い意味での霊感を備えているもの。

この世に生きる私たち人間は、「肉体をもっている、霊(的な存在)である」というのがスピリチュアリズムの基本的解釈となります。

「霊である」という解釈がわかりにくければ、「肉体の中に、霊性という要素を備えている存在」という解釈に置き換えてみてください。

人間は、霊的な存在であり、霊性を内包していますから、人により大小の個人差はありますが、実は「誰もが、霊感を備えている」のです。

霊感とは、一部分の人にだけ存在するものと思われがちですが、そうではありません。

備わり方、大小の差はありますが、皆がもっているセンスなのです。

霊が見える=霊感、ということではない。

いわゆる「霊の姿が見える、未来のことが伝わる、オーラが見える」などの、わかりやすいものだけが霊感だという解釈をされやすいですが、それらはとても広い範囲の、ごくわかりやすい一部分のみをクローズアップしているものです。

霊感というのはとても広いもので、そのあらわれ方もさまざまです。

どのような備わり方になっているか(つまり、どのようなあらわれ方になるか)は、生まれもった性質による個人差があります。

たとえば、霊感が強い人ほど霊が見える…とも、言い切れないのです。

霊が見える人と、霊が見えない人がいて、後者のほうがずっと霊感が強いというパターンも考えられます。

見えるか見えないか、感じるか感じないか、というのは、備わっている回路の特性ですから、大小や強弱をはかるものではないということです。

霊感を、自覚しにくいケースも多々ある。

誰もが、日常の中で無意識にいろんな形で、霊感という感性を、実は使いながら過ごしているものです。あまりにそれが自然であるので、気がつかないだけですね。たとえば、直感も、芸術的なセンスも、広い意味でいえば霊感と近いです。

見えない領域のものが「見える」という霊感なら、そうとわかりやすいのでしょうけれども、そうではない備わり方、使われ方であれば、なかなか自分の霊感を意識する機会がないでしょうね。

意識にのぼらないまま、「そうすることや、そうなることが、自分にとって普通」であり、「他の人も、同じようにそういうものだろう」という認識になってしまうからです。私自身も、実際、数年前までそう思っていましたからね、笑。

そのため、意外と、霊感の強い人ほど自覚がないという、不思議なこと?になりがちです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加