子どもの頃の容姿に、前世の名残が(その時期だけ)あらわれる場合がある。

子どもの頃と、今の自分の姿が、「まったく別人のように容姿と雰囲気が違う」と感じる方は、子どもの頃の姿に、「前世の容姿の名残」が、幾らか被っていたためかもしれません。

小さい頃の容姿に、前世のそれが少しだけ残っている?ケースがあって、「成長とともにそれが抜けていき、今回の人生における容姿になっていく」ことがあります。

誰でも、成長とともに容姿は変わっていきますけれど、そうした一般的な変化よりもっと大きな差がみられる場合、それは前世の一部分を持ち越していたためという可能性があります。

その差は、なぜか他人よりも、自分のほうが感じやすいようで、ご家族に聞いても「わからない」とか「そうだった?」というクールな反応になることが多いようです。

こうしたケースは、「自分で、昔の写真をみてそう思う。今との差があるとわかる」という認識の仕方になることが多いです。そのこと自体が、このケースの特徴のひとつで、それもまた不思議だなと思います。

多分、そういう感覚をもつ方ご自身が、「平均よりもスピリチュアルなセンスが高め」の方なのでしょうね。だからこそ「わかる」のでしょう。

一般的には、自分のことが一番わかりにくいものですが、近くにいて常に見ているご家族よりも、その差異を把握できるというのは「そういうこと」なのだろうと思います。自分に対して、前世を把握する力が少し、働くというセンスなのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加